雑記

あなたは意味のない勉強をしていませんか?数的処理の効率的な勉強法について解説【簡単な問題から解く】

数的処理の問題を解いていく中で「このまま勉強していて本番で解けるようになるか不安・・・」「自力で一問も解けたことがない・・・」と思っている受験生がいました.そう,私です.

数的処理の学習を,問題集の頭から全て解いていませんか?その方法は非効率なので,すぐに辞めた方が良いです.私が受験勉強中にした失敗をしないように,数的処理の勉強を効率的におこなってください.

 

▼本記事のテーマ

数的処理の効率的な勉強法

 

▼目次

1.学習においては,数的処理は易しい問題から抑えること【絶対】

2.数的処理の具体的な学習方法

3.試験本番においては,解き方を「知っているか」「知らないか」で解く問題か,後回しにするか判断すること

 

▼記事の信憑生

私は民間企業を3年間勤めたのちに退職し,約2ヶ月間の勉強によって筆記試験を突破しました.

▽ 模試成績【試験2ヶ月前】です

教養択一:15点/40点

専門記述:0点/300点

▽ 模試成績【試験1ヶ月半前】です

教養択一:17点/40点

専門択一:11点/40点

 

▼読者へのメッセージ

この記事では,数的処理の問題を解くための意識として,学習中と試験本番に分けて考えています.

数的処理は数学的要素が強いため,苦手意識を持ったり,学習につまづくことが多い科目です.そのようにしないためには,勉強法を意識して,効率的に勉強することが必要です.

効率を考えずに,問題集を解き進めると,10時間で足りる学習時間が,100時間にも1000時間にもなります.

 

それでは早速見ていきましょう.

 

1.学習においては,数的処理は易しい問題から抑えること【絶対】

公務員試験における数的処理は,問題の配点や出題数の多さから,重要度の高い科目です.

しかし,数学そもそもに苦手意識を持つ人や,数的処理独特の問題によって公務員試験受験のネックになることも多いです.

そのように,しないためには,以下の意識を持つべきだと考えます.

・過去問を何年分か完璧にする

・難しい問題を捨て,易しい問題から学習する

以下に詳細を説明します.

 

▼過去問を何年分か完璧にする

全ての受験生は数的処理を過去問から勉強していると思いますが,私が考える過去問は,希望する試験種の過去の問題のことです.

過去問は最も本番に近い問題になっています.本番と同レベルの問題を,同じ形式で出題される.また,繰りかえり出題されたり,数字などが変わっただけの問題も多くあります.

私の場合は過去問を11年分完璧に取れるようにしておきましたが,本番では知っている問題だけで7,8割程度には問題が解き方がわかる問題でした.しかし,2,3割は知らない問題なので,自身がないながらも問題に取り組みました.

 

なお,過去問に関しては,別の記事で解説しています.

【過去問】【入手方法】過去問について

 

▼難しい問題を捨て,易しい問題から学習する

公務員試験の数的処理は難しい問題を捨て,易しい問題から学習するべきだと考えます.

理由としては以下の通りです.

・難問を解いても,結局は一点

・数学は基礎がないと応用はできない

以下に詳細を解説します.

 

▽難問を解いても,結局は一点

公務員試験の数的処理は,全問正解する必要はありません.実際に全問正解はかなり難しいのですが,その難しい問題は解けなくても,問題はありません.

他の受験生も解けない問題な確率が高いですし,その問題を解く時間よりも,簡単な問題を解いた方が,時間もかからずに解くことができます.

同じ1点であれば,簡単な問題を素早く解けた方がいいので,易しい問題から取り組むべきです.

 

▽数学は基礎がないと応用はできない

そもそも数的処理は,数学とは違いますが,似ている点も多い科目です.

数学でつまづいたことがある方は,総じて基礎ができていないことに尽きると考えます.

数学は四則演算から始まり,関数や微分積分などに進んでいきます.実際問題を解いていると,わからない部分が出てきて,どうしたら良いのかわからないから,苦手と判断する人が多いです.

わからない箇所があれば,わかってから次に進みましょう.

後回しにすると,今後も同じ問題で同じところに引っかかることになります.

どうせ,試験本番までには完璧に準備して挑むはずなのだから,調べるのがめんどくさい等の理由で,後回しにするのはもったいありません.

どうせやるなら今やりましょう.

 

2.数的処理の具体的な学習方法

数的処理の学習においては,易しい問題から解くべきだと解説しました.もっと具体的に言うと,以下に2点を抑えた勉強法が有効だと思います.

・短期間に何周も勉強する

・難易度A,頻出度Aの問題から取り組む

以下に詳細を説明します.

 

▽短期間に何周も勉強する

勉強においては,全てに当てはまるかもしれませんが,短期間に何周も繰り返すような勉強法がおすすめです.

人間は,思い出そうとするときや,制限の中で必死に覚えることで,知識を身につけることができます.

試験直前に異常な集中力が出るのはそのためです.

私は過去問500の問題で,数的推理・判断推理などを限定して,2日で3周することをノルマとしていました.

「1ヶ月で,この参考書を全て解くぞ!」という長期で切羽詰まらない勉強法は非効率です.

 

▽難易度A,頻出度Aの問題から取り組む

問題集には難易度などが記載してあり,簡単で出題されやすい問題から解いていきましょう.

簡単な問題から解いていきましょう.

簡単な問題が頭の中に入っていれば,応用は格段にやりやすくなります.難問を何わからない状態で,いきなり難問を理解のは非効率です.

 

もしも,わからない問題があれば,ただ解説を丸写しすることでも有効です.詳しくは別の記事で解説しています.

【苦手克服】数的処理が苦手な人【授業不要】

 

3.試験本番においては,解き方を「知っているか」「知らないか」で解く問題か,後回しにするか判断すること

学習においては,簡単な問題か難しい問題かについて考えてつつ勉強していました.

ただし,試験本番は別の意識が必要です.

試験で問題を易しいか難しいかを判断できるようになることは無意味です.易しいか難しいかは問題を解くことができるのかできないのかを判断していることと同じですが,実際にペンを動かして計算しないことには解けるかどうかなんてわかるわけがありません.

この問題を解くか,後回しにするか判断するのに実際に計算するほどの時間の余裕はないということです.

その判断をするためには,「易問か?何問か?」で判断するのではなく,問題の解き方を「知っているか?知らないか?」で判断すべきです.

これによって,解き方も頭に浮かぶ問題から取り組みましょう.また,知っていても,解き方がわからない問題に関しては後回しです.

教養試験は特に時間の余裕がないので,解く問題の選択を間違えると,爆死してしまいます.

普段の勉強では身につきませんが,問題演習・模試などで数的処理を解く際には意識することで,どの問題を解くかを判断する力を養うことができると思います.

 

 

結論としては・・・

・学習中は難問ではなく易問から解く

・試験中は解凍方法を知っている問題から解く

 

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-雑記

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5