面接

【面接対策】公務員試験中の趣味は筋トレがおすすめ【メリットしかない】

この記事では,公務員試験で質問される「趣味はありますか?」とういう質問に対して,オススメの答えとして筋トレをオススメするものです.

筋トレは自己コントロール,計画性,継続力が必要な趣味であり,仕事においても活きてくるものですし,社会人で筋トレに興味を持っている方は多いので,共感を生みやすい趣味です.

その他にも,試験勉強中の趣味としてたくさんのメリットがあるので,合わせて紹介します.

 

▼本記事のテーマ

公務員試験中の趣味は筋トレがオススメ

 

▼目次

1.公務員試験の面接対策「趣味はありますか?」→「筋トレです」

2.公務員試験における筋トレのメリット【勉強面】

3.公務員試験における筋トレのメリット【面接面】

 

▼読者へのメッセージ

公務員試験中は勉強だけをやっているため,運動不足や不健康な状態になりやすいです.健康状態は長期間の勉強に重要ですし,勉強の質にも影響してきます.

また,運動は体内の血流を活発にすることで,脳への血液流入量を増やし,記憶力や脳疲労を顕現します.

漫画「ドラゴン桜」でも,公式などを運動しながら勉強することが,推奨されており,運動と記憶には相関があります.

リフレッシュにもなりますし,勉強を効率化しながら,健康で格好良い身体になることができるし,面接対策にもなります.メリットばかりの趣味なので,参考にしてみてください.

 

それでは早速見ていきましょう.

 

1.公務員試験の面接対策「趣味はありますか?」→「筋トレです」

公務員試験の面接ではいくつかの定番の質問がありますが,その中で「趣味はありますか?」というものがあります.

これは,あくまで緊張をほぐしたり,受験生の人柄を見るためにすることが予想されますが,その答えとしておすすめなのが「筋トレ」です.

そもそも,公務員試験の面接では,以下のような事を面接官が見ています.

・積極性

・社会性

・信頼感

・学習力や経験

・自己統制

・コミュニケーション能力

 

面接官の視点というテーマでは,別の記事で解説しています.

【受かる人】公務員試験で面接官がみるポイント【プラス評価】

 

上記の点を,短い面接時間の中で見ていくことになります.

もちろん,「趣味はなんですか?」という質問に,正直な答えを言っても構いませんが,「人間観察です」「買い物です」などと答えられた場合,話を広げづらいですし,好感は持ちづらいですよね?

そのような趣味が悪いというわけではなく,面接という場においては,高評価が好き辛いのかもしれないという視点です.

そのため,緊張をほぐしてくれるような1つの質問でも,より良い評価をもらえるような答えをしていきたいです.

そこで.「筋トレ」ですが,上記の採点ポイントのうち,積極性・信頼性・学習力・自己統制・コミュニケーション能力に良い影響を与えると考えます.以下に詳細を説明します.

 

▼積極性

筋トレは,自分の限界との戦いです.

自分のこれまで持ち上げることのできた重量を超えることを目標として,筋肉の細胞を壊し,超回復させる.その繰り返しによって,筋肥大をさせていきます.

その過程において,積極的な意識は必須です.

 

▼信頼感

筋トレをして,体が大きくなったり,気持ちが安定すると,外見が落ちついて見えます.面接のような短時間で評価を受ける場においては,f外見が大きな判断材料になります.

第一印象で,合格か不合格かは判断されると聞いたことがあるひとも多いと思います.

 

▼学習力

筋トレには筋肥大の知識,食事などの栄養の知識,種目やトレーニングメニューを考えることなど,たくさんの知識を得て,それを実践する必要があります.

学生においては,授業形式の受け身の学習がメインですが,筋トレは基本的に主体的に学習し,実践することが求めれるので,学習力の向上にもつながります.

 

▼自己統制

筋トレは基本的に自分との戦いです.自分の限界を知り,そこを超えることで成長できます.定期的にトレーニングをこなし,食事制限をして,継続していくことは,高い自制心がないと不可能です.

 

▼コミュニケーション能力

一見関係なさそうなコミュニケーション能力ですが,筋トレを行うと不安な気持ちやストレスが明らかに減ることで,精神の安定や向上心が芽生えます.

内面がポジティブになることで,表情が豊かになったり,自分に自信が持てることで,人との関わりを積極的にしようと思うことができます.

ネガティブな人よりもポジティブな人,悲しい表情の人よりも笑顔の人の方が単純に話したいと思わせてくれます.

 

 

このように,面接官の目線で考えても,たくさんのメリットがあります.具体的に,勉強と面接の面で,どのようなメリットがあるのか,考えていきます.

 

 

2.公務員試験における筋トレのメリット【勉強面】

公務員試験において,筋トレをすることは学習面でメリットがあります.学習面のメリットは以下の通りです.

・疲れにくくなる

・メンタルやモチベーションの維持が勉強を効率化する

・記憶力が上がる

以下に詳細を説明します.

 

▼疲れにくくなる

筋トレをすることで,筋肉量が増えます.筋肉量が増えると基礎代謝が上がる効果があり,勉強に良い影響があります.

基礎代謝は,人間が生きるために最低限必要なエネルギーのことです.基礎代謝が上がると,エネルギー消費量も増えますが,発汗作用や消化の促進のような効果を期待できます.それによって,体内の疲労や老廃物が排出され,水分や栄養の循環により,疲労をためにくく,疲れにくい身体にすることができます.

エネルギー消費量は増加するので,太りにい身体にもなりますし,受験中に太りにくくなります.

私は受験中に5キロは痩せていますが,適度な運動と食事制限による効果だと思っています.

 

食事については,別の記事で解説しています.

【公務員試験合格者】おすすめな食事【普段の食事】

 

 

▼メンタルやモチベーションの維持が勉強を効率化する

筋トレは,エンドルフィン,アドレナリン,セロトニン,ドーパミンなどといった気分を高揚させるホルモンの分泌を促進します.

運動をすると気持ちが晴れるような経験は誰しもあると思いますが,筋トレによっても,メンタルやモチベを安定させることが可能です.

不安定な精神状態でする勉強は頭に入りづらいですし,メンタル・モチベを安定させることが,より効率的な勉強の基本です.

 

▼記憶力が上がる

漫画「ドラゴン桜」では,数学はスポーツだ!という勉強法をしています.数学の公式を暗記する方法ですが,これは運動が体内の血流を活発にすることで,脳への血液流入量を増やし,記憶力の向上や脳疲労を軽減する効果があるためです.

暗記はいかに作業に持ち込むかが重要で,ひたすら頭に詰め込むにはモチベーションを意識せずに,作業をこなす勉強法が有効です.

 

モチベーションに関しては別の記事で解説しています.

【モチベーション維持】公務員になるためのモチベーション維持方法【意識】

 

3.公務員試験における筋トレのメリット【面接面】

勉強においてもたくさんのメリットがありますが,面接においても筋トレと答えることはオススメです.

メリットを以下に示します.

・面接官が評価する点をたくさん抑えている.

・筋トレに興味がある社会人は近年増えており,共感を生みやすいキーワードである

以下に詳細を説明します.

 

▼面接官が評価する点をたくさん抑えている

これは上記の内容ですが,積極性・信頼性・学習力・自己統制・コミュニケーション能力をアピールすることができるので,他の趣味よりも良い印象を与えることができると考えています.

 

▼筋トレに興味がある社会人は近年増えており,共感を生みやすいキーワードである

会話において,共感力は非常に重要です.全く興味のない内容を聞くよりも,自分がすでに興味のある内容や,気になっている内容の方が,人は興味を持ちやすいです.

音楽などでも知らない曲よりも知っている曲が流れてきた方が,テンションは上がるものです.

近年は男性も女性も筋トレがブームになっており,興味を持っている社会人は多いです.男性にとってはメンタルコントロールの手段として,女性は美尻やパーソナルトレーニングなどに興味がある人が多いです.

野球やサッカーなどたくさんの人が興味を持っているものもありますが,それよりも筋トレに関心がある人は多いと思います.

 

 

なお,筋トレに関しては,説得力が重要です.素晴らしいことを言っていても,かなり太っていたり,ガリガリでは説得力がありません.

しっかりと自信を持って面接で応えるためには,実績が必要です.

実績を作るためにはまず行動が必要です.

一応おすすめのプロテインを貼っておくので,サクッと購入してみてはいかがでしょうか?笑

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-面接

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5