雑記

【雑記】勉強に専念するための「Twitterを辞めるための具体的な方法」【リストの使い方】

「勉強したいけどTwitterが気になって勉強できない」

「アプリを消すまではいかないけど、勉強に集中するための方法を知りたい」

このような疑問に答えます。

 

▼読者へのメッセージ

試験勉強をする上で、SNSというのは大敵です。勉強をいていると問題1問1問ごとに気になってチェックしてしまう。気がつくと30分以上スマホをいじっている。もはや、動いていないのにバイブレーションを感じる。

このような状態では勉強に集中できるはずもありません。

この記事ではTwitterを辞めるため、辞めなくてもうまく付き合うための「リスト」の使い方を紹介します。

それでは早速見ていきましょう。

 

▼試験勉強においてSNSは最大の敵

試験勉強をしているのにSNSが気になって勉強出来ない経験は多くの方が経験していることです。

スマホを触っている時間は基本的に勉強できないので、以下にスマホを触らないかが勉強時間を増やすためのポイントでもあります。

スマホに関しては別の記事で解説しています。

【公務員試験】学生が勉強できない理由の約80%はスマホ【勉強に集中できない人向け】

 

▼Twitterの機能「リスト」とは?

Twitterの機能である「リスト」を使ったことはありますか。

リストはフォローしている人たちを特定のグループに分けることができる機能です。

数百人いたとしても、例えばその中の「勉強垢」というグループや、「ファッション」でつながっている人たち、「インフルエンサー」でつながっている人たちというような特定のグループに分けたものです。

リストに追加した人たちのツイートのみが見れるようになり、他の人達のツイートノイズを遮断することができます。

 

▼リストを使うメリット

リストを使うことのメリットは

・たくさんの情報がタイムラインに流れない【ツイートを見るための手順が増える】

・グループ分けしているので、良い投稿を見逃しにくい【グループごとに見ると内容が理解しやすい】

このような点です。

 

▽たくさんの情報がタイムラインに流れない【ツイートを見るための手順が増える】

リストを使うと、アプリを開いたところに表示されるタイムラインではなく、プロフィールページにあるリストから、リスト名を選択しないと見ることができません。

リストを使わない場合よりも3回も行動が多くなります。

見るまでの手順が多くなると、めんどくささが増えるので、じきにツイートを見るのが億劫になります。

 

▽グループ分けしているので、良い投稿を見逃しにくい【グループごとに見ると内容が理解しやすい】

内容を理解をするためには「情報が整理されていること」が重要です。

内容が理解しやすいと、良いツイートを見逃さないのはもちろん、理解スピードも早くなるので、結果的にTwitterを見る時間は減ります。

 

 

公務員試験に落ちる原因に関しては、SNSが気になって勉強できないことなどの「自分で決めたルールを守らない」ことが原因です。

【受かる人】公務員試験に受かるかどうかは、単純な理由で決まる【結論:自分で決めたルールを守るか守らないか】

 

 

▼ツイッターの機能「リスト」の具体的な設定方法

「リスト」を設定する具体的な手順です。

①Twitterを開く

②リストに入れたいアカウントのツイートを選択

③アカウントのプロフィールページで右上の「・・・」を選択

④「リストへ追加または削除」を選択

⑤リストがない場合は作成

⑥リストの名前を設定(今回は公務員試験と設定)して完了

⑦リストを選択して完了

 

▼「リストの見かた」

①アイコンをタップ

②「リスト」を選択

③見たいリストを選択

④登録したアカウントのツイートのみのタイムラインが見れる

 

以上になります。

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-雑記

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5