専門択一勉強法

【経営学】国家一般職・国家専門職で効果をを発揮する科目

経営学は幅広い試験種で出題があるため,複数の試験種を受験する公務員試験においてはコスパの良い科目です.

特に国家一般職や国家専門職においては,憲法・民法・行政法・ミクロ・マクロを超える出題数(例外あり)です.国家系受験者にとって,経営学を得意科目にすることは超効果的なので,正しい勉強をして行きましょう.

 

▼本記事のテーマ

行政学の出題内容・勉強法

 

▼目次

1.経営学の内容

2.経営学の勉強のポイント

3.経営学の参考書と勉強法

 

▼読者さんにメッセージ

経営学は国家一般職や国家専門職において超重要科目です.

各科目の出題数を見ると,憲法・民法・行政法・ミクロ・マクロよりも出題数が多いので,超重要科目です.それなのに,重要な科目と考えられないことが多く,捨て科目にしてしまう受験生も多いので,狙い目な科目でもあります.

個人的には経営学の勉強は楽しかったので,そのあたりも含めてオススメの科目です.

 

それでは早速見ていきましょう.

 

1.経営学の内容

経営学は企業の経営に関する内容が出題されます.出題内容は平易で内容理解が難しい科目ではありません.学習内容は幅広く,薄く広く勉強をしていく必要があります.研究者名と内容,経営用語の意義を中心に覚えて行きましょう.

具体的な内容は以下のようになっています.

▼内容

【経営学節】伝統的管理論・人間関係論・動機づけ理論・意思決定論・コンティンジュンシー理論・リーダーシップ論・経営組織論・経営学節全般

【経営組織】組織形態

【経営戦略論】戦略論(チャンドラー・アンゾフ)・経営多角化とM&A・プロダクトポートフォリオマネジメント・競争戦略論・経営戦略全般

【経営学各論】人事労務管理・生産と技術・マーケティング・財務管理

【現代企業の経営】企業形態と企業集中・株式会社制度・日本企業と経営・イノベーションマネジメント・国際経営・経営史・経営事情

 

▼出題数

各試験種における出題数は以下のようになっています.

国般 国税 財務 労基 裁般 特別区 地上
出題数 5 6 6 - - 5 2
回答数 40 40 40 40 30 40 40
全出題数 80 70 76 48 40 55 40

2~6題程度の出題となっています.地方上級試験においては,2題の出題ですが,国家系の出題数の多さは目を見張ります.労働基準監督官や裁判所一般職などは出題がないので,自分の志望先によっては勉強しないのもありだとは思います.

ただし憲法・民法・行政法・ミクロ・マクロよりも出題数が多いので,超重要科目です.

 

▽詳しくはTACホームページ参照

https://www.tac-school.co.jp/kouza_komuin/koumuin_sk_shiken_senmon.html

 

▼出題形式

経営学の出題形式は主に以下の通りです.

・文章問題

経営学の出題は基本的に文章問題です.知識問題で,内容の正誤が問われます.知識を知っているか.知らないかで明暗が分かれるため,頻出分野を中心に広く浅く勉強をしていきましょう.経営学の出題は試験種によって傾向があります.傾向を予測するためには過去問が重要です.

 

過去問に関しては,別の記事で解説しています.

【過去問】【入手方法】過去問について

 

2.経営学の勉強のポイント

経営学においては以下のポイントを意識していました.

・内容が面白い

・試験種ごとに学習の仕方を変える

以下に詳細を示します,

 

▼内容が面白い

これはかなり個人的な感想ですが,専門試験の各科目の中で最も内容が面白いと感じたのが経営学でした.大学時代に授業を受けたことがあることも原因だと思いますが,内容が面白いです.

例えばマズローの欲求階層説という,欲求は生理的欲求→安全欲求→愛情欲求→尊敬欲求→自己実現欲求の順に高次の欲求であるといったものがあります.

これを勉強して「人の欲求って段階があるのか!愛情より自己実現の方が高次なのか・・・」と関心をもって勉強できました.

比較的に自分の生活に関わりがあるような内容が多いのが要因かもしれません.後は私が働いていたこともあって,企業の経営について関心を持てたこともあるかもしれません.

学習内容に関心を持てるか持てないかは,勉強効率に大きく影響しますので,好きな勉強をするのは意識すべきだと思います.

 

▼試験種ごとに学習の仕方を変える

経営学は職種ごとに,やるべき勉強が異なります.国家一般職・国家専門職・地方上級職に分けて解説をします.

 

▽国家一般職

国家一般職の経営学は,他の試験種に比べると最も難易度が高いです.年度によってはスー過去にも載っていない内容が出題されるため,深入りは禁物です.

一説によると,国会一般職の問題作成者の大学教授がマイナーな本からしか出題しないらしく,他の職種と問題傾向がかなり異なるそうです,

そのため,国家一般職においては難問かは取れないと思って学習を進めた方が良いと思います.スー過去中心に学習していき,わからない(スー過去にそもそも載っていない)ものに関しては,ほとんどの受験生もわからない問題なので気にしなくてオーケーです.

国家一般職で経営学満点を目指す場合は,高橋伸夫編著「よくわかる経営管理」や藤本隆宏編著「生産マネジメント入門」などのテキストがオススメです.ただし,コスパはあまり良くないです.

 

▽高橋伸夫編著「よくわかる経営管理」

▽藤本隆宏編著「生産マネジメント入門」

 

▽国家専門職

国家専門職(国税専門官・財務専門官)は,過去問中心の内容から出題されているため,スー過去をひたすら回すような勉強法で対応できます.時間があまりない人は難易度の高いテーマに関しては,勉強しないでもオーケーです.

・経営組織論

・イノベーションマネジメント

・経営史

・経営事情

上記科目は難易度も出題頻度を考えると,勉強しなくても問題ありません.

 

▽地方上級職

地方上級の出題パターンはおよそ以下の2パターンです.

・テーマのトピックを幅広く扱う総論型

・特定の学説や概念を詳しく問う各論型

総論型に関しては,基本的な内容が問われるが,各論型は主な学説について踏み込んだ内容が問われています.

学習の手順としては,まず基本的な内容の勉強をした後に,各論型の問題に対応できるような深堀をしていくのが効率的です.

地方上級の試験は国家専門職の問題と共通点が多いので,互いの過去問を解くような勉強法がオススメです.

 

3.経営学の参考書と勉強法

具体的な勉強の流れを紹介します.

私はスー過去→過去問題集の流れで勉強していました.

経営学は完全暗記科目ですので,同じ参考書をひたすら回していく勉強が効率的です.

スー過去の学習は頭からやるのではなく,頻出テーマから勉強をしていました.頻出テーマはスー過去の各テーマの最初のページに出題履歴の票があるため,それを参考にして学習をしていました.

一通りの勉強が終わったら,過去問題集で理解していない部分を確認します.問題を解く→わからない問題を復習を繰り返します.ひたすら試験当日まで繰り返します.

 

▼新スーパー過去問ゼミ 経営学

▼過去問題集

 

▼まとめ

・経営学は国家系において重要な科目

・学習のポイントは試験種ごとに異なる

・具体的な勉強手順は

 ①スー過去②過去問題集

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-専門択一勉強法

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5