勉強法

【短期間勉強法】公務員試験における数的処理のコツについて【使用した参考書を全て紹介】

公務員試験の数的処理を勉強していて「本番で解けるようになるのだろうか・・・」と不安になるひとは多いのではないでしょうか?

数的処理の問題を解くコツや勉強する上で意識すべきことについて解説をしました。

 

▼本記事のテーマ

【短期間の勉強法】公務員試験における数的処理のコツについて

 

▼目次

1.数的処理を勉強する上での悩み

2.公務員試験の数的処理の問題を解くコツについて

3.数的処理の具体的な勉強法【使用した参考書を全て紹介】

4.数的処理はすぐに解説を見るべきだという意見

5.数的処理は暗記することよりも、理解することが大事だという意見

 

▼記事の信憑生

私は民間企業を3年間勤めたのちに退職し,約2ヶ月間の勉強によって筆記試験を突破しました.

▽ 模試成績【試験2ヶ月前】です

教養択一:15点/40点

専門記述:0点/300点

▽ 模試成績【試験1ヶ月半前】です

教養択一:17点/40点

専門択一:11点/40点

 

▼読者へのメッセージ

数的処理はあくまで暗記することがメインの科目だと思います。しかし、解法を単純に暗記するのは難しく、理解することが重要になってきます。

数的処理は勉強をしっかりすれば、もっとも得点源になるものですので、私が数的処理の問題を解く時、勉強するときに意識していたコツを解説しました。

 

それでは早速見ていきましょう.

 

1.数的処理を勉強する上での悩み

数的処理は公務員試験で重要な科目であり、最も早くから勉強すべき科目と言われています。公務員試験勉強を始めて、何もわからない中で、ひたすら数的処理の問題を解いていました。

勉強している中で、私が抱えていた不安や悩みは以下の通りです。

・1問も自力で問題が解けない

・解説を見ても理解ができない

・とりあえず問題集をやっているけど、本番までに解けるようになる気がしない

・数的処理は暗記と聞くけど、暗記ができない

それぞれについて、詳細を説明します。

 

▼1問も自力で問題が解けない

私は理系の大学を卒業していますが、大学卒業後3年間は民間企業で働いていました。その際には数学の勉強は全くしませんでしたし、計算は電卓を使用するのが当たり前でしたので、筆算もできないくらいに計算能力は低下していました。

数的処理の問題を解いても、さっぱり解き方がわからず、本当に1問も自力で解くことはできませんでした。

 

▼解説を見ても理解ができない

数的処理はさまざまな角度から問題を解くため、難しい計算式や考え方が時々出てきます。

解説を読んでも、「この式はどこから出てきたんだ?」「なんでこんな考え方になったんだ?」このように、解説を読んでも理解できない問題も多くありました。

 

▼とりあえず問題集をやっているけど、本番までに解けるようになる気がしない

数的処理の問題集はひたすらやっているけど、問題は自力でできないし、解説を理解するのでやっとでした。毎回わからないの繰り返しで、以前やった問題でも解くことができない・・・。

このまま勉強していても、本番に解けるようになるのか不安でした。

 

▼数的処理は暗記と聞くけど、暗記ができない

数的処理は暗記することが重要だと聞いて、毎日ひたすら問題を解いているけど、解説を覚えることができない。

毎回、解説を読んで、理解することの繰り返し。

 

このような不安や悩みを抱えながら、勉強していました。

しかし、以下の方法で勉強することによって、こつこつ数的処理の力をつけることができました。

 

2.公務員試験の数的処理の問題を解くコツについて

まず第一に、以下のようなことを耳にしたことがあるでしょうか?

数的処理は易問を解き、難問は解かなくてもよい」という意見

数的処理は易問と難問があり、易問が解ければ合格できるという話です。

基本的に、私はこの意見に同意です。数的処理は一定数の難問が出題されますが、これは他の受験生も解けないものです。ほかの難易度Aランクの基本問題を安定的に得点にできれば、数的処理で高得点を取ることができます。

しかし、試験勉強や試験本番で「易問か難問か」の判断をすることは、全くの無意味です。

基本的に試験では教養試験は時間との勝負です、「この問題は難しい問題だな。難しいので解けるか解けないわからない。時間がかかるだろうから、手を出すべきか・・・」なんて考えている時間はありません。

数的処理に関して、重要なのは「解ける問題か解けない問題か」を判断することです。なお、「解ける解けないの」判断は「解法を知っているか、知らないか」で判断できます。

もちろん、解法を知っていても解けない問題もあれば、知らなくても解ける問題もあります。しかし、初めに解くべきは、すぐに解法が浮かぶ問題です。その後に、解法を知らない問題に手を出すべきだと考えます。

つまり、試験本番までに勉強する上で意識すべきなのは

・解法をできるだけ覚えること

・問題を見て、解法を知っている問題か判断できるようになること

このように勉強することが、数的処理の問題を解けるようになるためのコツだと考えます。

それを踏まえて、具体的にどのように勉強すれば良いのでしょうか?

 

3.数的処理の具体的な勉強法【使用した参考書を全て紹介】

数的処理の問題は、スー過去のような網羅的な問題集をやるよりも、過去問500のような限定的な問題集をやるべきです。

解法を知っているか知らないか判断するためには、網羅的な問題集で勉強しても、いくらやってもわからないという状態に陥ります。

対して、限定的な問題集は問題数は少ないため、短期間(2,3日)で複数回(2,3周)問題を解くことができます。

その勉強を終えた後に、また同じ問題に出会った際に「以前解いたことのある問題だ」と気がつくことができます。

網羅的な問題集をやった場合には、問題数の多さから、短期間で複数回の勉強ができません。そのため、問題の解法を覚えることが難しくなってしまいます。

したがって、私は実践していた勉強法は過去問500→過去問題集という流れです。

過去問500で短期間複数回の問題を解いているので、過去問題集を解いた時に、問題を自力で解ける実感を得ることができました。この実感が勉強においては非常に重要です。

 

数的処理の具体的な勉強法については別の記事で解説しています。

【数的推理】【判断推理】数的処理を得意科目にしよう※おすすめ参考書も紹介

 

また、過去問500が一通り終わった後に、スー過去をしようしていました。

よって、使用した参考書は過去問500、過去問題集、スー過去の3点になります。

 

4.数的処理はすぐに解説を見るべきだという意見

数的処理の勉強において、以下のような意見は見たことがあるでしょうか?

問題を解く中で、すぐに解説を見るべきなのかという意見

私は、解法がすぐに浮かばない問題なのであれば、すぐに解説を読んでオーケーだと考えます。

数的処理の勉強で初めに身につけるべきなのは、解法を覚えることです。

そもそも数学が苦手なのに、数学的思考力を高める勉強よりも、数的処理の問題を解けるようになる勉強をしたほうが効率的だと思います。

いくらやっても解けるようにならないのは、モチベーションを低下させますし、ある程度問題が解けるようになってから、より勉強の範囲を広めたり、深めたりする方が、早く実力がつくと思います。

 

モチベーションを維持しつつ勉強することは重要です。詳しくは別の記事で解説しています。

【具体的方法】公務員試験を独学で合格するためのモチベーションの維持方法

 

もしも、ある程度勉強していて解法が浮かぶのならば、時間をかけても解くのは良いと思います。解けなければ、解説を理解することを徹底しましょう。

 

5.数的処理は暗記することよりも、理解することが大事だという意見

数的処理の勉強において、以下のような意見は見たことがあるでしょうか?

そもそも数的処理は暗記科目ではなく理解することが大事

これに関しては当たり前だと思います。理解しないものを暗記できるはずがありません。

基本的に暗記するためには、「知る→理解する→反復する」このプロセスが必要です。解説を理解せずに暗記できるようにはなりません。

数的処理の問題の解説を見て、理解ができないものは少数のはず。であれば、解法が浮かぶか浮かばないかが第一の関門となります。

私は、解説を読んでわからなかったものはほとんどありませんでした。しかし、何問かはわからない問題があり、その際には以下の方法で理解するようにしていました。

①他の参考書や過去問集の解説をみる

②わかる人に聞く

私はInstagramをやっていますが、数的処理の問題解説をやっています。きになる方や、解説を読んでもわからない問題があれば、Instagramをチェックしてみてください。

→@shimon_study

 

最後に、公務員試験における数的処理は数学ではありません。

数学が得意な理系の人間が有利なイメージがありますが、数的処理はクイズやなぞなぞの類の問題が多い(空間把握などは理系あ強いですが)です。

数学のような四則演算、指数関数、微分積分等の知識を積み上げていくものではないので、基本的に受験生みな初学者です。

スタート地点が同じなのですから、効率よく勉強することで、他の受験生に負けない得点を取ることができます。

 

この記事が少しでも参考になることを祈りつつ、あなたの受験勉強がより良いものになるように応援しています。

 

この記事に書いた勉強法や数学が苦手克服の勉強法については別の記事でも解説をしています。

【苦手克服】数的処理が苦手な人【授業不要】

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-勉強法

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5