雑記

【短期合格】長期間合格よりも短期間合格が偉いのか【結果が全て】

この記事では,

公務員試験における長期間の勉強と短期間の勉強がどちらが良いのかについて考えています.

私は,民間企業を3年間務めたのちに公務員試験勉強に取り組み,約2ヶ月の勉強によって1次試験に合格しました.

私が短期間で勉強したのは,短期間で合格できた方がすごいからではなく,短期間でしか勉強できなかったからです.

 

▼本記事のテーマ

長期間の勉強と短期間の勉強について

 

▼目次

1.公務員試験においては短期間で合格できた方が優秀か(結果が全て)

2.短期間と長期間のメリット・デメリット

3.私が短期間で勉強した理由

 

▼記事の信憑生

私は民間企業を3年間勤めたのちに退職し,約2ヶ月間の勉強によって筆記試験を突破しました.

▽ 模試成績【試験2ヶ月前】です

教養択一:15点/40点

専門記述:0点/300点

 

▽ 模試成績【試験1ヶ月半前】です

教養択一:17点/40点

専門択一:11点/40点

 

▼読者へのメッセージ

この記事は2019年7月19日に書いているため,タイムリーに見ていただいている方は公務員試験を長期間勉強して,受験する方だと思います.

ネットの記事などをみると「短期間で合格」という点を大々的に押しているものがいくつかあります.(私もその一人かもしれませんが←)

しかし,重要なのは過程ではなく結果です.合格という結果が全てです,短期間で合格するのか,長期間勉強して合格するのかは,自分の環境や性格に合わせて決めていきましょう.

 

それでは早速見ていきましょう.

 

1.公務員試験においては短期間で合格できた方が優秀か(結果が全て)

まず公務員試験において,短期間で合格できた方が優秀かという視点で考えてみます.

しかし,公務員試験は資格試験ではなく,採用試験です.目標は採取合格するという一点であり,過程は重要ではありません.

公務員試験の内容は大学受験をした人にとっては得意科目が多かったり,大学で学んでいる科目があれば有利だったりします.これまでにたくさん勉強した人にとっては勉強量が少なくてすむし,勉強が苦手に人にとってはたくさん勉強しないといけないかもしれません.

大事なのは自分に必要な,合格するための勉強量をこなし,合格することです.

また,長期間勉強すればするほど合格率が上がるということもありません.

 

2.長期間と短期間のメリット・デメリット

長期間の勉強と短期間の勉強について,メリットとデメリットを考えてみます.以下に示します.

▼長期間の勉強

▽メリット

・勉強時間の確保がしやすい

・多科目・広範囲の勉強ができる

・勉強の方向修正する上でも余裕がある

▽デメリット

・挫折しやすい

・拘束時間が長い

・予備校費・食費・カフェ代などのお金がかかる

▼短期間の勉強

▽メリット

・挫折しにくい

・拘束時間が少ない

・お金が少なく済む

▽デメリット

・勉強時間の確保が難しい

・勉強の範囲を絞らないといけない

・勉強の方向修正をする余裕がない

一般的に公務員試験の勉強は長期間の勉強が必要なものだと考えられています.

しかし,長期間の勉強法には自己管理能力・意志力・継続力が必要です.長期間の勉強には,1日あたりの負担は小さい代わりに,とても道のりが長いので,実現するためには卓越した自己管理能力・意志力・継続力が必要です.

勉強するのに加えて,他の能力も必要ということは難易度が高くなることと一緒です.

 

公務員試験における勉強時間については,別の記事で解説をしています.

【学習期間】公務員試験合格に必要な勉強時間について【勉強時間】

 

3.私が短期間で勉強した理由

私は比較的短期間の勉強で合格できたと思っています.しかし,それは短期間の勉強しかできないと判断したためです.

理由を以下に示します.

・退職後の勉強で時間がなかった

・お金がなかった

・勉強が嫌いだった

以下に詳細を示します.

 

▼退職後の勉強で時間がなかった

私は前職では8:00~21:00くらいまで働くような環境だったため,働きながら勉強するのは難しいと考えました.

務めているうちは精一杯働き,退職後には集中して勉強するというメリハリを意識しました.

 

▼お金がなかった

私は恥ずかしながら計画的なタイプではなく,稼いでは使って,買い物がストレス発散のようになっていました.車も購入したりしており,貯金も少なかったので,節約する必要がありました.

長期間の勉強では食費やカフェ代などのお金が必要だと考えたので,なるべく少なくて済むように短期間で合格しようと考えました.

 

▼勉強が嫌いだった

私は昔から勉強をすることが苦手でした.また,公務員試験の勉強は仕事に活かすことができるものはほとんどないため,苦手な・不要な・嫌いな勉強は必要最低限の勉強量で合格したいと思いました.

 

私はたまたま合格できましたが,長期間勉強する時間や余裕があるならば,その方が良い場合もたくさんあります.あなたは長期間の勉強と短期間の勉強のどちらがあっているでしょうか?自分にあった勉強をすることが,合格するために重要なことです.

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-雑記

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5