科目別勉強法

【法律系科目や政治系科目】ボトムアップ科目とその具体的勉強法【科目別勉強法】

「法律系科目や政治系科目などが苦手」「どんな勉強をすれば点数が取れるようになるか知りたい」「法律系科目や政治系科目などの具体的な勉強法やおすすめ参考書が知りたい」このような疑問に答えます。

 

▼読者へのメッセージ

公務員試験は科目毎に勉強法を変えるべきだと考えています。私は「スー過去をひたすら繰り返す」という情報から、全ての科目をその方法でやれば良いのだと考えていました。しかし、いくら勉強しても点数が伸びない経験をしています。それから試行錯誤した後、公務員試験は3パターンの科目に分けることができ、それぞれに適した勉強法があることに気がつきました。

今回はトレーニング科目と名付けた「法律系科目や政治系科目など」の勉強法に関して紹介します。私は実践しておすすめできる具体的な方法と、おすすめ参考書も紹介します。

 

科目のパターンに関しては別の記事で解説をしています。

【公務員試験】科目ごとに勉強法は分けるべきか?【科目毎に最適な勉強法を紹介】

 

それでは早速見ていきましょう。

 

▼ボトムアップ科目【憲法、民法等】

公務員試験におけるボトムアップ科目とは問題種の難易度の低い問題や頻出度の高い問題から取り組むべき科目です。具体的には憲法や民法などの科目が該当します。

これらの科目は、パターン科目のように問題のパターンがあまりなく、広い範囲をつまみ食いするように問題が出題されるため、パターン科目の勉強が適していません。

範囲が広く、問題数が多いと冗長な勉強になりがちなので、挫折しやすいので、簡単な問題や重要な問題から解けるようになること(ボトムアップ)が勉強のポイントです。

 

 

▼ボトムアップ科目におすすめ参考書

専門択一に要求されるのは、知識が全てです。公務員試験においては、過去問が繰り返し出題されることを考えると、過去問の内容を暗記するレベルまで勉強すれば、試験問題のほとんどを解くことが出来ます。

過去問の暗記には「正文化勉強法」がおすすめです、

正文化勉強法がおすすめなのは、問題を解く上で「正答を選ぶ勉強」よりも「正当以外を選ぶ勉強」の方が、暗記量を増やすことができるためです。正答は1つですが、誤答は4つあり、効率よく勉強することができます。

正文化は基本的に誤答に注力して勉強するために、同じ問題を解く上でも何倍もの効率を発揮します。

正文化勉強法に関しては別の記事で解説をしています。

【専門択一の学習に最適】正文化勉強法【暗記法】

 

正文化勉強法を利用するためには過去問が最適であり、ボトムアップ科目の参考書としては過去問がもっともおすすめです。

過去問に関しては別の記事で解説しています。

【保存版】公務員試験の過去問の入手方法【具体的方法は5つだけ】

 

過去問を除いては、スー過去で問題ないと思います。

▽「新スーパー過去問ゼミ」シリーズ 

・過去15年間の出題を分析

・広げた状態で閉じにくい製本方式を採用

・学習効率を高めるさまざまな記事を掲載

・常に進化し続ける超定番シリーズ。従来の特長はそのままに、厳選された「良問」を掲載。

 

▼ボトムアップ科目に適した具体的勉強法

名前の通り、簡単な問題や重要度の高い問題から解くべきボトムアップ科目は以下の点を意識して勉強していました。

・頻出度Aかつ難易度Aの問題から解く

ボトムアップ科目はこなすべき問題数が多いのが特徴です。非常に多い問題数をひたすらこなすのは挫折しやすいですし、繰り返すのが難しくなります。

まさに、暗記科目であるボトムアップ科目は「短期間で繰り返す」ことが重要になってきます。そのためには参考書の問題数をいかに減らせるかが重要です。

頻出度Aかつ難易度Aの問題だけを解くことに決めれば、問題数はかなり少なくなります。最初はそのもんだいに取り組み、ある程度問題がとけるようになったら、難しい問題や重要度の低い問題に手を出していきます。

公務員試験では難しい問題や頻出度の低い問題ほど出ないので、問題を解けるようになるのには近道である勉強法です。勉強が点数に直結しやすく、本番までに実力がつかないような失敗に対するリスクヘッジにもなります。

参考書としてはスー過去がおすすめです。スー過去は問題ごとに重要問題や頻出度を記載しているので、ボトムアップ科目に適した勉強をするのに適しています。

 

 

以上です。

ご質問があればご気軽にどうぞ!

-科目別勉強法

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5