勉強法

【捨て科目の勉強法】自然科学(生物)の勉強には「はたらく細胞」【勉強になる漫画】

「アニメや漫画なんか見てないで勉強しなさい!」

「ゲームばかりしているとバカになるから辞めなさい!」

これらは世の親御さんたちが子供に言う定番の台詞であり,あなたも一度は言われた記憶がある人も多いのではないだろうか?

公務員試験においては,広大な範囲の勉強を課されているため,捨て科目を作る事が一般的です.

捨て科目は休憩中などに漫画で対策するのがおすすめです.

 

▼本記事のテーマ

自然科学(生物)の勉強には「はたらく細胞」がおすすめ

 

▼目次

1.漫画による勉強をおすすめする理由

2.自然科学(生物)の勉強には「はたらく細胞」がおすすめ

3.はたらく細胞のあらすじ

 

▼読者へのメッセージ

公務員試験の勉強は捨て科目を作って,捨て科目も少し勉強する方法がおすすめです.

罪悪感のなく捨て科目を作る事で「捨てない科目を確実に取る意識」を持つ事ができます.

罪悪感のない捨て方のためには,①捨てても20%は正解することを意識したり②捨てても勉強することが良いと思っています.

その方法の1つとして,漫画による勉強はおすすめです.

 

具体的には以下の記事で解説しています.

【捨て科目】【教養試験】勉強の減らし方~教養科目編~

 

それでは早速見ていきましょう.

 

1.漫画による勉強をおすすめする理由

教育において,なぜかアニメやゲーム,漫画は悪影響と思われがちです.果たして本当にそうでしょうか? 逆に,テレビを一切見ない・ゲームもしない・漫画も読まないという子は頭が良くなるのかというと,決してそうとも思っています.

むしろ,好きな作品をきっかけに,ある分野に興味を抱き,得意な科目となることで点数が伸びるということも少なくないようです.

このように,教育に悪いからと遠ざけられがちなアニメやゲームのなかにも,むしろ勉強のヒントになる要素がたくさんあるのではないでしょうか?

公務員試験においては,捨て科目を作る事が一般的ですが,捨て科目も漫画によって勉強できたとしたら,効率的ではないでしょうか.

所詮は捨て科目なので,最悪点数を取れなくても良い.

勉強時間はそこまで確保せずに,特典の確立を上げるような勉強法です.

過度な期待はせずに,休憩中や電車の中でもできる方法として,参考にしてください.

 

2.自然科学(生物)の勉強には「はたらく細胞」がおすすめ

生物の分野は試験種ごとに比較的出題傾向がはっきりしています.そのため,対策の立てやすい科目と言われています.

ただし,文系の学生でも生物だけは取り組みやすいという意識が一般的になっているために,自然科学においては最もライバルが多い科目であるともいえます.

そのため.それぞれの出題傾向を把握した上で学習する事がおすすめです.

生物の勉強として,はたらく細胞がおすすめの職種は以下の通りです.

・国家総合職

・国家一般職

・地方上級職

いかに詳細を説明します.

 

▼国家総合職

国家総合職は人体に関する出題が極端に多い職種です.

ただし,人体における臓器に突出した問題よりも人体全般に関する問題が,他の試験種と比較して多い傾向にあります.

そのため,断片的な知識では歯が立ちにくいので,注意が必要です.

漫画によって,断片的でなく,幅広い知識を得る事は,国家総合職の対策としてはおすすめです.

 

▼国家一般職

人体に関する出題が非常に多いです.

遺伝や生態系の出題も多いのですが,それ以外の出題は極端に少ないという特徴があるため,今後もその傾向が続いていくと考えて良いと思います.

 

▼地方上級職

比較的多く出題されているテーマとしては代謝や人体,遺伝であるが,偏った出題はされにくく,満遍ない対策をする事がおすすめです.

 

3.はたらく細胞のあらすじ

以下はネタバレを含みます.

『はたらく細胞』は、清水茜による日本の漫画です.『月刊少年シリウス』にて,2015年3月号より連載中.2014年に行われた第27回少年シリウス新人賞の大賞を受賞した読切作品『細胞の話』を連載化したものです.

人間の体内にある細胞(主に免疫系の諸細胞が中心)を擬人化した作品でキャラは全て細胞名で統一されているため,名前はありません(個体識別番号のみ).病原体などはモンスター化・怪人化して描かれています.

スピンオフ漫画『はたらく細菌』『はたらかない細胞』『はたらく細胞BLACK』『はたらく細胞フレンド』『はたらく血小板ちゃん』が講談社の各誌で連載されており,いずれも原作者の清水茜が監修となっています.2018年からはテレビアニメが制作されています.

 

▼はたらく細胞

ここはとある「人」の体内.その中では数十兆個もの細胞が年中無休で働いている.赤血球は酸素を身体中に運び,免疫細胞たちは細菌やウイルスなどの身体を脅かす異常と戦い,その他の細胞も自分たちの働きを全うしている.小さなことから大きなことまで様々な騒動が起こる身体の中で,新米の赤血球「AE3803」や白血球「U-1146」などを中心に,そんな細胞たちの日常を描く.

 

▼はたらく細菌

とある女子高生の体内.「宿主」の女子高生は食生活が不安定で,その腸内では善玉菌,悪玉菌,日和見菌たちが日夜,陣取り合戦を繰り広げている.

 

▼はたらかない細胞

とある人の骨髄の中.ここではマクロファージによって赤芽球たちが育てられ,一人前の赤血球となって旅立っている.しかし,とあるマクロファージのところには,もう成人して赤血球になれるのにも関わらず,何かと理由をつけては赤芽球のままでいようとする5名の問題児たちがいた.立派に働けるはずなのに働かない問題児たちに,マクロファージが時にキレて,時に笑っての和みありの日常を描く.

 

▼はたらけ!アニメ化見学

ひょんなことから体外に出た赤芽球の5人は,等身大の姿でカートに乗ったり,マクロファージ先生に引率されたりして,アニメ制作現場を見学する.脚本打ち合わせから,都内の編集スタジオでのカッティング,多摩地区にある「デイヴィッドプロダクション」での作画,アフレコ現場などを見学.最終回は、5人の「まだ余裕でレポートできる」発言を「アニプレックス」の取材同行スタッフに録音され,いくらでも続編が作れるような終わり方になっている。

 

▼はたらく細胞BLACK

体中に酸素や養分を運ぶ,新米赤血球の男性.しかし彼の職場(体)は不摂生で,細胞たちの労働環境は,極めてブラックだった.赤血球は体の主が摂取したアルコールで酔っぱらったり,肝臓でストレス発散したり,時に同僚たちの死にも直面しながら,苦悩しつつ激務をこなしていく.

 

▼はたらく細胞フレンド

人間の体内では,様々な細胞が働いたり休みには友達と遊んだりしている.その中で「班長」と呼ばれるキラーT細胞は,他の細胞とうまく馴染めないでいた.

 

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-勉強法

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5