思考法

【思考法】公務員試験に合格する人の考え方について【マインドセット】

公務員試験を受験する人において,①勉強が得意で,大学も優秀な所に通っている人②勉強が苦手で,大学も入試をせず入った人の違いはなんだと思いますか?

私は勉強に対する思考の違いだと考えます.多少の知識の量の差はあるかもしれませんが,大学生でまともに勉強しているのなんて少数派です.まして,公務員試験の勉強は範囲も科目も多いので,知識の差なんて大した問題ではありません

勉強が苦手だという意識,マインドが違うから,勉強法を知らないから学習に差が出ると考えます.大学が短大でも,Fランでも,高卒でも関係ありません.試験に合格できるかどうかが採用基準です.

 

▼本記事のテーマ

公務員試験に合格する人の考え方について

 

▼目次

1.公務員試験における思考法とは何か

2.公務員試験勉強における思考法の意義

3.どうやって思考法の養うか

 

▼記事の信憑生

私は民間企業を3年間勤めたのちに退職し,約2ヶ月間の勉強によって筆記試験を突破しました.

▽ 模試成績【試験2ヶ月前】です

教養択一:15点/40点

専門記述:0点/300点

▽ 模試成績【試験1ヶ月半前】です

教養択一:17点/40点

専門択一:11点/40点

 

▼読者へのメッセージ

公務員試験は就職活動です.

大学入試のような試験と似た試験ではありますが,塾のように行けばテキストが用意され,決められたスケジュールをこなし,試験に関する情報をまとめて教えてくれるものではありません.

自分で希望の職種を探し,必要な勉強を調べ,スケジュールを決め,自分で情報を調べる必要があります.そして,これらは自分で考える必要があります

その上で重要なのが,思考法(マインドセット)です.(かなり怪しい←)

公務員試験に合格できる人の考え方を私なりに解説しました.

 

それでは早速見ていきましょう.

 

1.公務員試験における思考法とは何か

思考法とはビジネスの場面だと「マインド」「マインドセット」などと呼ばれています.マインドセットという言葉自体は、ネットビジネスに限らず、ビジネス書などでも見た事がある人も多いと思います。

思考について辞書で引くと,以下のように書いてあります.

思考は、考えや思いを巡らせる行動であり、結論を導き出すなど何かしら一定の状態に達しようとする過程において、筋道や方法など模索する精神の活動である.

つまり,公務員試験における思考法とは,合格という結果を得るために,スケジュールや勉強法などを自分で模索する活動であるといえます.

 

2.公務員試験勉強における思考法の意義

公務員試験勉強する上では,以下の三点が思考法の意義になると思います.

・モチベーションの維持

・勉強の質と量の向上

・習慣化

以下に詳細を説明します.

 

▼モチベーションの維持

公務員試験を初めから合格できるレベルに解ける人は誰もいません.

スタート地点は違うかもしれませんが,それはその人がこれまで勉強してきた多少のアドバンテージがあるだけです.

公務員試験の広大な範囲の勉強を,泥臭く努力することは絶対に必要です.長期間学習に要するということは公務員試験においては必要です.

一瞬の努力は誰でもできますが,継続することは難しいものです.

継続するためにはモチベーションを維持することが大切です.勉強する期間に,いかにしてモチベーションを維持して取り組み続けるか.その点で,思考法が重要になってきます.

 

▼勉強の質と量の向上

思考法を考えることは,勉強効率をあげることに繋がります.

例えば,公務員試験を作成している人が,何を求めているのかが分かったら,その求められた勉強のみをやることで効率的に勉強をすることができます.

また,モチベーションを上げるような思考法を身につければ,勉強の効率を上げたり,勉強を継続することに役に立ちます.

 

▼習慣化

人は行動する上で【感情→思考→行動】というプロセスがあります.

簡単に言うと,【感情】お腹すいた→【思考】何を食べようか?→【行動】ご飯食べる といった流れです.

勉強をする上で感情面では「勉強したくない」「めんどくさい」,思考面「明日やればいい」「適当にやればよい」などと考えて,行動を抑制してしまうことがあります.

公務員試験に合格できるひとには,公務員試験に合格できる行動の習慣を持っていると思います.感情や思考が邪魔する場合は,習慣によって,行動に移しやすくする方法が有効です.そのために思考は重要です.

 

3.どうやって思考法の養うか

思考法は自分で模索することが大切です.厳しいかもしれませんが「自分の頭で考えろ」ということです.

例えば志望動機などをネットで検索したものを面接で答える人がいるとします.私はこの行動自体が悪いことだとは思いません.しかし,その時に自分の頭で考えたか?ということは大切です.

「自分で思いついたもの」「情報を手に入れて,自分で考えたもの」これはどちらでも自分の考え方です.

思考法を養うには様々な方法があります.以下に例として3点示します.

・説明会・セミナー

・成功者に聞く

・本やネットから情報収集をする

以下に詳細を示します.

 

▼説明会・セミナー

自治体が実施する説明会やセミナーは,思考法を養う上で非常に役に立ちます.

実際にそこで働く人がどういう考えを持っているか,どういう勉強をしたかなどの有用な経験談を直接聞くことができます.説明会やセミナーをどのような意識でいくのかは,合格する上で大切です.

立派な質問をしている他の受験生をみて「すごいなあ」と思ったり,おどおどしている受験生をみて「こいつには勝てる」と思ったりしてても良いですが,他の受験生とは違う視点で参加することを意識しましょう.

 

▼成功者に聞く

前述した職員の方に聞くのに加えて,予備校などに通っている場合は合格者に聞いてみましょう.

予備校によっては合格者体験談のようなイベントを開催しているので,直接聞いてみることで,良い話が聞けると思います.

もちろん,私にコメントいただいてもかまいません^^ 時間の限り返答させていただきます.

 

▼本やネットから情報収集する

私は公務員試験を通じて,勉強法や思考法をかなり意識していました.そこで情報収集に使ったのが,本やネットの記事です.今は様々な記事がネットにあふれているので,自分にあったものを見つけられると思います.

その中で,このブログを見ていただけいているなら,大変嬉しく思います^^

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-思考法

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5