専門記述勉強法

【専門記述】専門択一よりも全然楽チン

専門記述の勉強法が知りたい人

「専門記述試験の勉強法が知りたい・・・」

「専門記述試験はいつから勉強しればよいか知りたい・・・」

 

このような疑問に答えます.

 

 

▼本記事のテーマ

専門記述試験の対策と勉強法

 

▼目次

1.専門記述の出題傾向

2.専門記述の勉強の進め方

3.専門記述の具体的な勉強方法

 

▼記事の信憑生

私は民間企業を3年間勤めたのちに退職し,約2ヶ月間の勉強によって筆記試験を突破しました.

▽ 模試成績【試験2ヶ月前】です

教養択一:15点/40点

専門記述:0点/300点

専門記述に関しては全く勉強していなかったため,模擬試験開始後すぐに退席しました.あまりに早い退席に,まわりがどよめきましたが颯爽と帰りました.←

▽ 模試成績【試験1ヶ月半前】です

教養択一:17点/40点

専門記述:11点/40点

 

▼読者さんにメッセージ

この記事では,公務員試験に専門記述試験について,対策と勉強方針を説明しています.

この記事を読むことで,効率的な専門記述の勉強方針がイメージできるようになります.

この記事によって専門記述がネックで職種を変えていた人の認識を変えたいと思っています.

 

それでは早速見ていきましょう.

 

1.専門科目の出題傾向

専門記述試験とは,行政系・法律系・経済系に分類された専門科目ごとの複数の課題から,1題または複数題を選択して論述するという形式の記述試験です.

公務員試験においては国家公務員として国家総合職・国家専門職の財務専門官・国税専門官・裁判所事務官などので出題されるほか,地方公共団体では東京都で専門記述が出題されます.

以下,国税専門官と東京都Ⅰ類B(以下東京都)を例に説明をします.

字数は概ね800字~1200字程度と言われています.試験時間は東京都は2時間なのに対して,国税専門官で1時間20分となっています.時間で比較をすると,3題で2時間の東京都(1題あたり40分)よりも,1題で1時間20分の国税専門官の方がややレベルの高い記述が求められることが考えられます.

東京都も国税専門官も専門記述は一次試験で課されます.両者の違いとしては,東京都は一次試験の合否決定時に評定されるのに対して,国税専門官では一次試験合格者を対象に評定された上で,最終合格者決定段階で他の試験種目の成績に統合されるようです.

専門記述に要求されるのは知識が全てです.与えられた課題に対して読みやすい構成と十分な字数で解答が正確に記述することが重要です.

しかし,あくまで知識が無ければ問題は解けません.いかに文章作成能力が長けていようとも,試験で与えられた課題に対する知識が無ければ,何も書けません.中途半端な知識では到底合格レベルの答案は書けません.

ただし,私の意見としては「専門記述が出題されるから,その職種を受験しない」という考えはもったいないと思っています.

特に,東京で働きたいと思っている人で,専門記述が嫌だから特別区を受験するひとは多いと思います.私は専門記述の勉強を2ヶ月行い,ある程度かけるようなレベルにすることができました.むしろ,択一よりも時間はかかっていないと思います.

 

2.専門記述の勉強の進め方

専門記述の勉強では参考書の利用とある程度のテーマ数を暗記することが必要です.

▼参考書

専門記述の勉強はあくまでひたすらの暗記作業です.そして,この暗記をする上で市販の参考書がかなり少ない点が,最大の障害になります.特に独学受験者にとって,大きなハードルになっています.

私個人としては予備校のテキストが最高の参考書だと思っています.私はTACに通っていましたが,専門記述のテキストが欲しかったために,入会しても良いとすら思っています.タックのテキストは各職種の分析や20年以上の出題例,適切な解答例や出題予想が大変優秀です.

どうしても,予備校に入会しないと手に入れにくいものですが,フリマアプリ等で販売していることもあるので,専門記述を必要とする場合は購入することがおすすめです.

市販の参考書としておすすめなのは公務員試験論文答案集専門記述シリーズです.経済系科目を除く他の科目は事実上このシリーズでしか対策できません.とはいっても,憲法と行政法のみの出版です.

公務員試験論文答案集専門記述シリーズは,過去問の分析に基づく出題予想テーマが豊富に掲載されており,かつ各テーマの重要論点が網羅されていることから,本書を有効利用すれば専門記述は合格水準に達することができます.解説も詳しく,全テーマについて800字と1200字の答案例が掲載されているため,より実践的な学習が可能です.市販で専門記述の参考書を購入したい場合にはこれ以外の選択肢はないと思われます.

▽公務員試験論文答案集専門記述シリーズ

 

 

▼暗記すべきテーマの種類と数

一般的な専門記述で覚えるべきテーマ数は60~100テーマと言われているようです.一つのテーマで800文字以上なので,かなりの暗記量になります.

そこで重要なのが以下の3点です.

・科目選択

・テーマの選択

・テーマの数

以下に詳細を説明します.

 

▽科目選択

専門記述試験において科目選択は重要です.科目によって,予測がしやすかったり,記述がしやすいものなどの特徴があるので科目選択は時間をかけて行いましょう.

科目選択については今後別の記事で紹介していきます.

▽テーマの選択

各科目の中で,どのテーマを暗記するかも非常に重要です.テーマを外したら,全く書けません.この予想については,テキストの重要度から選んだり,過去の問題から自分で予測しることが重要です.

東京都に関して言えば,特別区で以前出題していたものがかなり参考になるため,意識してみましょう.自分で予測することで,覚えるべきテーマ数はかなり減らすことができます.

▽テーマの数

合格者の覚えていたテーマ数は60~100テーマ程度が一般的なようです.私は60テーマ準備していましたが,実際には40テーマほどしか覚えていなかったと思います.それでも十分に対応することができたので,テーマの予測がとても重要だと考えます.

 

▼勉強の開始時期について

専門記述の勉強は専門択一の勉強を一通り終えてから行うのがベターです.やはり初めから覚えるのと,ある程度知識が入ってから覚えるとはおおきな違いがあります.勉強の開始時期は年明け1月~2月ごろに始める受験生が多いようです.

私の場合は時間がなかったので試験本番2ヶ月前から開始しましたが,なんとかなりました.

 

3.専門記述の具体的な勉強方法

傾向とポイント抑えた上で,どのような勉強をしていけば良いでしょうか.私は以下の2点を意識していました.

・出題予想

・とにかく暗記

以下に詳細を解説します.

 

▼出題予想

専門記述試験んおいては出題予想が一番重要です.東京都受験の場合,最悪3テーマ覚えれば合格できます.ただし,もちろん100%の予想はできないので最低でも60テーマ程度は準備する必要があると思います.

出題予想において意識するのは以下の3点です.

・参考になる他の試験種を利用

・繰り返し出題されたテーマ

・他の科目でも重なるテーマ

以下に詳細を説明します.

 

▽参考になる他の試験種を利用

これは主に東京都においてですが,東京都の過去問に加えて,特別区の過去問がとても参考になります.特別区の過去問が周期てに出題されているケースが多いので,自分で傾向を研究し,予想していました.

▽繰り返し出題されたテーマ

過去に繰り返し出題されているテーマはその試験種において重要な内容であることが多いです.もちろん,繰り返し出題されているものは出題率も高いです.仕事をする上でも重要な内容なものも多いので,試験のためじゃない勉強にもなります.

▽他の科目でも重なるテーマ

政治系科目などは他の科目でも出題されるテーマが複数あります.一つのテーマでいくつも応用が聞くので,これを勉強しないてはありません.少ない努力で大きな成果を目指しましょう.

 

▼とにかく暗記

テーマを決めたら,後はひたすら暗記の作業です.私はいくつかの暗記法を利用して,ひたすら作業として暗記していました.

暗記法については,暗記のカテゴリーから見てみてください.

 

▼まとめ

・専門記述はテキストが重要

・テーマ選びをこだわり,暗記量を減らす

・テーマを決めたらひたすら暗記

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-専門記述勉強法

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5