雑記

【受かる人】公務員試験に受かるかどうかは、単純な理由で決まる【結論:自分で決めたルールを守るか守らないか】

▼本記事のテーマ

公務員試験に受かる人

 

▼目次

1.公務員試験に受かる人の絶対条件【最後までやる】

2.公務員試験に受かる理由【自分の決めたルールを守ること】

3.最後に合格できるかできないかはわからない【だが、やるしか無い】

 

▼読者へのメッセージ

公務員試験は絶対受かるものではありません。しかし、勉強しなければ受かることはない。

受かるかどうかは、自分で決めたルールを守ることができるかどうかという、単純な理由で決まります。

 

それでは早速見ていきましょう.

 

1.公務員試験に受かる人の絶対条件【最後までやる】

毎日数的処理の問題を5問解けば合格できる、英単語を1000語覚えれば合格できる、憲法の条文を丸暗記すれば合格できるとして、試験までの半年から1年間、毎日勉強することはできますか?

 

▼公務員試験に合格できる勉強法

公務員試験は予備校やネット、SNSで○○すれば合格できるという情報がたくさんあります。

大事なのは、それを信じて、試験本番まで勉強を続けることです。

事実として、公務員試験の予備校では受験シーズンの5月から6月あたりまで、残っている受験生は多くありません。

模試の結果が悪かった、民間で就活が決まったなど様々な理由はあると思いますが、試験まで勉強をするという簡単なことを守れなかった人は、最後まで残ることができません。

最後まで勉強するだけで、公務員試験受験者の中で優秀な方だと認識しましょう。

 

▼続ければ絶対合格できるのではない。続けるのは最低限条件です。

もちろん、間違った知識、非効率な勉強法をしていて、不合格になることもあります。そのようにならないためには、多くの勉強法などを知り、自分に合っているかどうかを確かめることは必須です。

しかし、そんな理由よりも、大多数なのが、試験までにいなくなる受験生です。

受かる受からない以前に、試験までにいなくならないように、自分のルールは守ること。これが公務員試験に合格する上で、最低の条件です。

 

2.公務員試験に受かる理由【自分の決めたルールを守ること】

公務員試験に受かる人は、「自分の決めたルールを守れる人」だと思います。

私はノウハウを発信しますが、とはいえ「聞き流し」くらいでお願いします。繰り返しですが、完全な正解は存在しません。

私はは、色々と試行錯誤して、今のスタイルに行きつきました。とはいえ、公務員試験においては合格できたかどうかが全てなので、大切なのは「自分なりに模索すること」です。

「自分にはどんな勉強法が適しているのか」「自分のライフスタイルにはどんな環境を整備すればよいのか」「勉強できないなら、できない理由をどうすればなくせるのか」

このように模索する中で、勉強する上でのルールを決めることが必要になってきます。

勉強に関して、自分でルールを決めることとは

・毎日文章理解を10問解く

・3日で問題集を1周する

・模試が終わったら、必ず復習する

このようなものです。

 

そもそも勉強に正解はないので、自分で決めたルールにも正解はありません。

しかし、自分で決めたルールを守ることでしか、合格に近くことはできません。

 

3.最後に合格できるかできないかはわからない【だが、やるしか無い】

自分で決めたルールを守ったとしても、実際に非効率な勉強をしてしまっていたり、出題がなかったりすることはあります。

最後の最後まで、合格できるかどうかはわかりません。

しかし、受験勉強はやらなければ受かりません。

全ての受験生はわからないがやってきた。間違えたらなおしてきた。最後までやり抜いたからこそ、合格という結果を残すことができています。

あなたが望む結果を掴むために、このブログを通じて、役にたつことができれば嬉しく思います。

 

公務員試験は長期間の勉強が必要な試験ですが、なるべく短期間で高い成果を出すことができる受験だと思います。

 

合格までの最短の方法を別の記事で紹介しているので、気になれば見てみてください。

【勉強計画】公務員試験合格までの近道

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-雑記

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5