参考書

【参考書の使い方】勉強効率を上げる参考書使用方法

勉強の効率を上げたい人

「参考書を効率的な使い方を知りたい・・・」

「勉強効率を上げてたい・・・」

 

このような疑問に答えます.

 

 

▼本記事のテーマ

参考書の使い方

 

▼目次

1.参考書はあくまで道具

2.参考書を購入したらまずやること

3.参考書を利用した勉強法

 

▼記事の信憑生

私は民間企業を3年間勤めたのちに退職し,2ヶ月間の勉強によって筆記試験を突破しました.

公務員試験まで約2ヶ月前の段階で受けた模試の結果は・・・

▽ 模試成績【試験2ヶ月前】です.

教養択一:15点/40点

専門記述:0点/300点

専門記述に関しては全く勉強していなかったため,模擬試験開始後すぐに退席しました.あまりに早い退席に,まわりがどよめきましたが颯爽と帰りました.←

 

▼読者さんにメッセージ

この記事は,参考書を利用して,効率的に勉強したい人に向けて書いています.

私は比較的ものを大切にしたいタイプで,参考書を綺麗な状態で保ちたいと思っていました.参考書は表紙・帯とも保存し,中に書き込みは基本しない.このように勉強しているのは,非常に非効率だと実感する経験がありました.

この記事を見ていただければ,勉強する上で重要な参考書の使い方を知ることができると思います.この参考書を利用して,少しでも,勉強する上で役に立ってもらえたら幸いです.

それでは早速見ていきましょう

 

1.参考書はあくまで道具

前述していますが,私は比較的ものを大切にしたいタイプで,参考書も綺麗な状態で保ちたいと思っていました.参考書を購入しても,表紙や帯はつけっぱなしです.また,使用後売却することも考えていたので,マーカーやボールペンによる書き込みはしませんでした.

しかし,このような参考書の使い方では勉強の効率が非常に悪いと感じていました.

そこで,意識したのは参考書はあくまで道具であるということです.道具はつかって初めて価値を持ちます.職人が使い込んでいる仕事道具って非常に美しいです.受験生にとっての仕事道具とは参考書のことです.クタクタまで使用して,知識としてもモノとしても自分だけの道具にしていきましょう

また,使用した参考書は思い出として,とっておいても良いですし,売ることも可能です.私はフリマアプリを利用して売却しましたが,しっかりと書きこみしている参考書でも売ることが可能です.

そもそも,書き込みがあっても適正な価格であれば買いたい人は多いです.そして,あなたが試験に合格していた場合,合格者が使用している勉強方法が書き込まれた参考書という付加価値を持ちます.

私も,中古の参考書を購入して「こんな使い方があるんだ!」と思った経験がありました.また,合格者が使用していた縁起物という付加価値もつきます.このように使い込んだ参考書は,新品にも負けない価値を持っているので,売却することが可能です.

 

2.参考書を購入したらまずやること

私は参考書を購入したら,下記の2点を行なっていました.

・表紙・帯を外し,裸にする

・折り目をしっかりつけることで,使用できる状態に整える

以下に詳細を解説します.

 

▼表紙・帯を外し,裸にする

参考書を購入したら,第一に表紙・帯を外して裸の状態にしましょう.捨てちゃっても良いですし,どこか適当な場所に保存しておいてもオーケーです.裸の状態にするのは,勉強しやすい状態にするためです.勉強するときに表紙を気にしながら勉強することは,非効率的です.

▼折り目をしっかりつけることで,使用できる状態に整える

表紙などをはずしたら,がっつり折り目をつけましょう.勉強中に毎回折り目をつけたり,折り目をつけずに勉強をすることは,非効率的です.なお,参考書の王道であるスー過去は折り目をつけずに見開きできる製本をしているため,非常に使いやすくおすすめです.

 

参考書については別記事で紹介しています.

参考書購入の手引き -教養科目編-【おすすめ参考書紹介】

参考書購入の手引き -専門科目編-【おすすめ参考書紹介】

 

3.参考書を利用した勉強法

参考書を使いやすい状態に整えたら,いざ使用していきましょう.基本的にはマーカーやボールペンを使用して,ガンガン書き込んできます.また,書き込む内容としては以下の3点を意識していました.

・自分の理解した内容・コメント

・成文化

・日付・正誤

以下に詳細を解説します.

 

▼自分の理解した内容・コメント

参考書に書いてある内容を読んで,自分が理解した内容や,それに対するコメントを記入してきます.参考書に書いてある内容は,あくまで文字であり,自分で理解してはじめて知識となります.そのためには,自分で理解するために考えて,それに対して自分がどう思うのかを考えることが効率的です.

このとき,参考書に記載している内容をそのまま写してもオーケーです.できれば,自分の言葉や表だったり,単純化した形で書いていくと効果的です.また,各ページの空白が自分の文字でびっしりと埋まるのが気持ちいいので,モチベーションにもつながります.

▼正文化

成文化は,問題が記載してある参考書において使います.公務員試験は基本的に選択問題のため,正解以外の選択肢は間違った内容が書いてあります.問題を解いた後に,正解以外の選択肢がどこが違うのかという点で問題を復習することで,一問に対する勉強効率は高まります

繰り返し解きたい問題にはあまり使えませんが,試験直前や模試などでは問題文に間違いを書き込んでしまいましょう.赤ペンなどを使えば,後から問題を解く上でも,気にせず書き込みができます.

 

正文化勉強法に関しては別の記事で解説をしています。

【専門択一の学習に最適】正文化勉強法【暗記法】

 

▼日付・正誤

過去問を解く場合は,日付と解いてあっていたか間違えたかわかるようにしましょう.私は日付と○or✖️を必ず記入していました.過去問を繰り返し解く上で,間違えた問題や苦手な問題を潰していく必要があります.前回間違えたかなどは,覚えてられないので,問題横にちょこっと記入しておきましょう.

また,問題量が多い場合は別の紙に正誤表を記入していくことも効果的です.私はルーズリーフに問題番号・解いた回数・正誤を表にして記入できるようにしていました.これによって一目で進捗具合がわかるので,先の見えない不安な勉強からゴールのある勉強に変えることができました.

 

▼まとめ

・参考書は自分だけの道具にしよう

・第一は裸にすることと,折り目をつけること

・恐れず記入しよう.

 ①内容・コメント②成文化③日付・正誤

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-参考書

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5