始め方

【勉強のやり方】勉強において重要なのは質?量?

勉強のやり方に悩んでいる人

「勉強をしているけれど,質に拘ったほうがいいのか.量に拘ったほうがいいのかわからない・・・」

「これまで勉強ができなかったから,公務員試験は人よりもたくさん勉強しないといけないのかな・・・」

 

そのような疑問に答えます.

 

▼本記事のテーマ

勉強において重要なのは質?量?

 

▼目次

1.勉強において重要なのは質?量?

2.勉強の質

3.勉強の量

 

▼記事の信憑生

私は民間企業を3年間勤めたのちに退職し,2ヶ月日間の勉強によって筆記試験を突破しました.

公務員試験まで約2ヶ月前の段階で受けた模試の結果は・・・

▽ 模試成績【試験2ヶ月前】です.

教養択一:15点/40点

専門記述:0点/300点

専門記述に関しては全く勉強していなかったため,模擬試験開始後すぐに退席しました.あまりに早い退席に,まわりがどよめきましたが颯爽と帰りました.←

 

▼読者さんにメッセージ

この記事は勉強のやり方に悩んでいる人に向けて書いています.勉強をする上で「質」と「量」のどちらを優先するべきか考えたことがある人は多いのではないでしょうか.

このブログではこの質と量の二つの点で,私の考えをまとめたものです

この記事を通じて,勉強のやり方を考える上で意識することが,具体的にイメージできるようになると思います

ブログを見ていただいて,あなたの目標が実現するために役に立てていただければ幸いです.

それでは早速見ていきましょう

 

1.勉強において重要なのは質?量?

「質より量」「量より質」,普段の生活でもよく耳にする言葉ですが,公務員試験勉強においてどちらが大切なのでしょうか?

私は質と量どちらも大切だと思っています.特に公務員試験のような長期間の勉強が必要で一定の学力を目指すものは,質の高い勉強を長期間継続することが重要です.

 

▼質×量

勉強は質×量で成長します.どちらかが0ならば結果は0になってしまします.

つまり,どちらかを優先するのではなく,質・量のどちらも大切にする意識を持つべきです.

 

2.勉強の質

公務員試験のような科目数が多く範囲の広い試験において,勉強の質を意識することは重要です.

私が約2ヶ月の勉強で公務員試験に合格できたのは,質にこだわって勉強したためだと思います.

勉強中に予備校の説明会や公務員について書いてある本,ブログなどをたくさん見てきました.そこでは「短期間合格勉強法!」などが書いてありましたが,ほとんどは教養のみの試験や筆記試験のない職種を目指そうというものでした.

私が合格したのは,地方上級公務員です.志望理由が短期間で受かる職種だからなんて嫌でした.

勉強の質を上げるために意識していたのは以下の3点です.

・勉強の量を減らすこと

・勉強法

・思考法

 

3.勉強の量

勉強の量については,勉強の質に依存します.勉強の質をあげるほど,勉強の量は少なくて済みますよね.ただし,公務員試験は科目が多く,範囲が広いので勉強量が多いことは覚悟しておくべきです.

勉強量は少なければ少ないほど良いですが「私は頭が悪いからたくさん勉強しないと・・・」という人も多いです.その考えは大切です.重要なのは目標を達成するだけの勉強量をこなすことです.

よく天才と言われる人がいますよね.天才って少ない努力で大きな成果を挙げているひとと思っている人は多いのではないでしょうか?

しかし,天才と呼ばれている人は天才と呼ばれるだけの努力をした人です.努力できる環境を整えて,自分をコントロールし,毎日努力した人です.

本気で勉強に取り組む上で意識していたのは以下の3点です.

・モチベーション

・健康

・環境

 

私は勉強の質を上げるために,「勉強量を減らす意識」「勉強法・思考法」「モチベーション維持」「健康法」などを徹底的に意識していました.

これらについてカテゴリーに分けて,このブログで紹介しています。

 

トップページより、サイトマップをご覧ください。

公務員試験の完全マップ【知識ゼロ→2ヶ月で合格を目指す方法】

 

ご興味あれば見ていただければ嬉しいです.

 

▼まとめ

・勉強は質×量

・質のためには①勉強量を減らす②勉強法③思考法

・量のためには①モチベーション②健康③環境

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-始め方

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5