面接

【公務員試験】面接回答テンプレート【伝え方フレームワーク】

「公務員試験における面接で何を言えば良いかわからない」「面接の回答を考えているけど、上手い文章が書けない」「自己PRや志望動機、実現したいことなどを答える上で、どんな回答が良いのか知りたい」このような疑問に答えます。

 

▼読者へのメッセージ

公務員試験面接では、自己PRや志望動機、自分が成し遂げたいことなど、制限なく様々な内容を質問されると思います。そのなかで話し方や、考え方、仕事に対する想いなどを面接によって判断されています。

しかし、以下に素晴らしい人だとしても、上手く伝える技術がないと、あなたの考えは無意味です。面接対策とは自分が公務員として働く上でどれだけの利益をもたらすことができるのかをアピールする場であり、自分を売り込んで評価を得る必要があります。

面接対策としては「良い話をするために良い文章を作る」ことがもちろん必要になってきます。文章を考える上では、相手に伝わりやすい話し方があります。伝え方フレームワーク(回答のテンプレート)を元に文章を考えていけば、より相手に強い印象を残すことができます。

それでは早速見ていきましょう。

 

 

▼【面接で強い印象を与える志望動機】CRECの法則【伝え方フレームワーク】

「公務員試験の面接で印象に残るような文章構成を知りたい」「面接対策で様々な話をしても、いまいち上手く文章がで作れない」「伝わりやすい話し方をするためのテンプレートのようなものを知りたい」このような疑問に答えます。

 

 

【本記事の内容】志望動機の回答テンプレート

【面接で強い印象を与える志望動機】CRECの法則【伝え方フレームワーク】

 

▼【公務員試験の自己PR】FABE法【あなたが欲しいと思わせるテクニック】

「公務員試験の自己PRで何を言えば良いかわからない」「自己PRで自分をうまく売り込むような喋り方ができない」「自己PRの文章を考えたけど、他の人との差別化ができない」「公務員試験であなたが欲しい!と言ってもらえるような文章構成のテンプレートが知りたい」このような疑問に答えます。

 

【本記事の内容】自己PRの回答テンプレート

【公務員試験の自己PR】FABE法【伝え方フレームワーク】

 

▼【10年後どんな人になりたいですか?】TAPSの法則【伝え方フレームワーク】

「公務員試験の面接で受ける将来の展望についての上手い答え方を知りたい」「10年後どんな人材になりたいですか?という質問に対しての回答のテンプレが知りたい」「伝わりやすい話し方をするためのテンプレートのようなものを知りたい」このような疑問に答えます。

 

【本記事の内容】将来成し遂げたいことの回答テンプレート

【10年後どんな人になりたいですか?】TAPSの法則【伝え方フレームワーク】

 

 

▼テンプレートを用いた上で、意識すべきこと

テンプレートを用いながら文章を考える上で、以下のことを意識しましょう。

▽自分を常にアピールすること

▽自分の実体験を取り入れる

▽1分で話す

面接試験はあくまで、「あなたをアピールする場」です。常に自分がアピールしていることを意識することは忘れてはいけません。

また、実体験ベースではない話は机上の空論、絵空事、戯言なのでやめましょう。

面接官を意識すれば、1分以上話し続けるのは苦痛です。面接官が何を求めているかを考えて、1分で話せるボリュームを意識しましょう。

 

1分で話すことに関しては別の記事で詳しく解説をしています。

公務員試験の面接で話す長さの目安は「1分で話す」【本の紹介】

 

以上になります。

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-面接

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5