雑記

【公務員試験】文章理解(英語・英文)8割を目指す「スタディサプリ」の活用方法【実際に使ってみた】

公務員試験の文章理解(英語・英文)においてスタディサプリをおすすめします。

無料体験ができるので、すぐに登録したい方は下記からどうぞ。

『スタディサプリ』無料体験ページ

 

▼本記事のテーマ

文章理解(英語・英文)対策におすすめな「スタディサプリ」の活用方法

 

▼目次

1.そもそも「スタディサプリ」とは?【公務員試験目線で詳しく解説】

2.公務員試験の文章理解(英語・英文)における「スタディサプリ」の活用

3.実際に「スタディサプリ」を使ってみた【14日間無料体験】

それでは早速見てみましょう。

 

「英語が苦手な公務員試験受験生に向けて、実体験をもとにスタディサプリの利用法や登録の方法」「公務員試験におけるスタディサプリを使用するメリット」を解説しています。

私は公務員試験において、文章理解の英文は捨て科目に決めていました。捨て科目にした上で、勉強はすることで半分の点数は取る事が出来ていました。

 

英文の勉強法に関しては別の記事で解説をしています。

【英文】得意な人は満点!苦手な人は捨てる!

 

スタディサプリは講義形式で大学受験用の文法を中心に学ぶ事ができます。

文法について学習していれば、8割近く狙う事が出来ていたのではないかと思います。費用対効果が非常に高く、英語学習の他にも数学・現代語・社会・理科の講義も含まれるので、利用できる範囲が広い点もおすすめです。

 

1.そもそも「スタディサプリ」とは?【公務員試験目線で詳しく解説】

▼スタディサプリ「大学受験講座」

スタディサプリには様々なコースを選ぶ事ができます。なお、公務員試験受験者向けには、「大学受験講座」がおすすめです。

大学受験講座には以下の2つのコースがあります。

・ベーシックコース(月額980円)

・合格特訓コース(月額9,800円)

合格特訓コースでは「今週の課題」や「コーチからのフィードバック」ができるようになっています。ただし、公務員試験においてはベーシックコースで問題ないと思います。月1万円は高いと感じますが、1,000円なら継続しやすいと感じます。

 

▽メリット

・金額(月額980円、半年でも6000円弱で飲み会2回分、1日30円)

→金額はかなり安いと思っています。塾や予備校に行く費用と比較すると、かなりコスパが良いと思います。飲み会や遊びで無駄遣いしないように、少し意識するだけでオーケーです。自分への投資としては、十分に効果を発揮してくれると思います。何も考えずに遊んでいる友人の中で、見えない努力をすることはモチベーションを上げますし、格好良いです。

・14日の無料体験

→公務員試験に役立つのか?そもそも文章理解に役立つのか?疑っている人がたくさんいると思います。14日間は無料で使用できるので、使ってみて不要だと感じたら、速攻アンインストールすればオーケーです。

・短時間で解ける・解る神授業

→実際に授業を見たからこそわかりますが、授業のクオリティは非常に高いです。数々の予備校経験者で日本有数の一流講師が、自らの授業を受験生の視聴データを分析し、再撮影をしています。理由や背景を論理的に説明し、暗記を理解にかえる一流講師の神授業というのも納得です。

・1回たったの15分の授業。苦手な単元をピンポイントで克服。

→1つの授業動画は約15分。一流講師の授業を苦手なところだけ受講出来ます。英文法の仮定法だけや、古文の敬語だけなど、わからない単元の授業だけを受講して無駄なくピンポイントで学ぶ事ができます。

 

▼スタディサプリの評判・効果・クチコミ

・アンケート結果

・無料版と有料版の比較

詳細を以下に解説します。

 

▽アンケート結果

リクルートが行ったユーザーアンケートによると効果実感までの平均月数は2.8ヶ月。多くの方が3ヶ月以内に効果を実感することができたと回答してます。

アンケート結果引用:スタディサプリ英語公式サイトhttps://eigosapuri.jp/promotions/ad/pc/nichijo/campaign/?vos=af_a8_000001&utm_source=a8&utm_medium=af&utm_campaign=nichijo

実際、AppStoreの教育カテゴリランキングではストアランキング1位を獲得、評判・レビュー内容も高評価。累計ダウンロード数も100万を突破しています。

 

▽無料版と有料版の比較

スタディサプリ英語のアプリ自体は無料でダウンロードできるようになっていますが、無料版ではほぼ使い物にならず月額980円の有料会員に登録して使うことになります。

有料会員になると、全講義が見放題となります。

980円のサービス利用料以外にテキストを購入する必要はありませんし、入会金等の費用はかからないので1日30円という圧倒的低価格でこのレベルのコンテンツにアクセスし放題というのは超コスパに優れています。

ただ課金する前にサービス内容を確かめたいというのもあると思うので、まずは14日間のお試し無料体験からはじめてみることをおすすめします。

 

2.公務員試験の文章理解(英語・英文)における「スタディサプリ」の活用

▼スタディサプリの公務員講座におけるメリット

・スマホで学習を完結できる

→予備校では基本的に校舎に行き、授業を受けると思います。しかし、天気や体調によっては予備校に向かう事が難しい日もありますよね。いつでもどこでも授業を見れるのは、継続した勉強をする際にメリットを感じます。

・自分のレベルに合った学習や必要な講義のみ受講ができる

→公務員試験は科目や範囲が広いため、なるべく効率の良い作業を行うべきだと考えています。分からない単元のみを学習することで、無駄な時間を使わずに済みます。

・自習の時間を習慣化できる

→公務員試験で陥りがちなミスとして「予備校に通っていればいいや」というものがあります。実際は予備校に行くだけでは合格できません。重要なのは自分で勉強することです。

 

自習を習慣化する上で、アプリによる講義はやりやすいので、おすすめです。私は講義を見る前に、SNSで勉強机を撮影した写真を上げてから勉強をしていました。ツイートやストーリーを毎日の習慣にすることで、勉強の習慣にもなりやすく、ルーティーンにするのにアプリを使うのはおすすめは方法です。

 

習慣化に関しては別の記事で解説をしています。

【簡単すぎる】勉強を習慣化する方法【驚くほど効果的】

 

 

3.スタディサプリを実際に使用したレビュー【14日間無料体験を実際にやってみた】

▽講座・講義数の充実

講座は超入門・文法編・読解編・英作文編・英単語補充編があり、合計で156もの講義が見放題です。また、英語以外には数学・国語・理科・社会の授業も受ける事が可能です。全教科、全学年、全レベルの授業が見放題です。

予備校の英文の授業は、3回程度しかない(全3回の講義で現代文・英文・古文を網羅する)ため、内容の濃さでは明らかにスタディサプリの方が優れています

正直、14日間では見切れないので、1日1講義で14講義を見ました。中学や高校の英語を復習する機会としては十分でした。

 

▽講義内容・レジェメについて

私はこれまで中学・高校では塾に通い、公務員試験においては予備校に通っていましたが、講義・レジェメわかりやすさに関しては素晴らしいと感じました。

予備校では講師ごとに授業・レジェメを担当しているので、質の統一化ができていません。講師によっては「レジェメが見づらすぎて、受講を辞めた」経験があります。

学生向けという面で、「誰でも解る」という授業を意識しているので、聞いても分からないことはほとんどありませんでした。

 

▽アプリの使用感

アプリはかなり使いやすいように感じました。説明も見ずに、直感的に使い方が解るレベルです。

・講義名

・再生速度

・講座画面

・画質

・再生時間

・レジェメ

 

▽14日間の無料体験を終えて

無料体験の14日間は、「スタディサプリ」の使い方、講義などの質、公務員試験における活用などを考えるには十分な期間だと思います。

無料でこのクオリティを見れるなら、使わないのは勿体無いと思います。

 

▼まとめ:公務員試験勉強においてスタディサプリはおすすめです

▽公務員試験の資料解釈(英語・英文)はセンターレベルであり、中学・高校程度の学習が重要

▽単語力が弱くても、文法力でカバーできる

▽基礎から十分に復習できるため、基礎的な文章構成を理解するには十分な内容

▽講座・講義・講師のクオリティが高く、月980円は非常にコスパが高い

▽英語以外の授業も利用できるので、他の苦手な単元のみ学習するような使い方もできる

 

▼月980円、試験までの半年間利用しても6000円弱。気になる人は無料体験を試してみましょう!

▽無料体験の登録の仕方

無料体験は以下のリンクからページに飛び、『14日間無料で体験する』という部分をクリックしていくだけです。ぜひ、今登録をしてしまいましょう。明日やろうは馬鹿野郎ですよ^^

『スタディサプリ』無料体験ページ

 

 

以上になります。気になる事がありましたらご気軽にご質問ください!

-雑記

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5