始め方

【公務員試験】専門記述試験ロードマップ【2カ月で達成可能な勉強法】

専門記述試験の対策をいつから(期間)、なにを(教材)、どうやって(方法)勉強するべきなのか知りたい」と思っている人から、「専門記述試験のある職種を受験するが、筆記試験対策で精一杯」だと感じている方向けのまとめです。

このページを上から順番に読んでいくと、専門記述試験の科目・テーマ選択方法や覚え方、具体的な暗記法を学ぶことができ、東京都I類B・国税専門官・裁判所・財務専門官等の専門記述試験を出題する試験種合格を目指せるレベルになります。

※2020年度の試験に合格をした、私が勉強期間2カ月で行なった、直近の経験を基にした具体的なテクニックです。

公務員試験は一般的に1000~1500時間の学習時間が必要だと言われていますが、私は短期間で合格することができました。専門記述試験をもっと簡単に、短期間で合格レベルまで持っていけるようになれば、「専門記述試験が出題されるから職種を変える」ことが無くなり、本当になりたい職種へ受験する受験生が増えると考えています。

それでは下記よりご覧ください。

 

補足・・・記事の信憑生

私は民間企業を3年間務めたのちに退職し、約2カ月の勉強によって筆記試験を突破しました。

▽模試成績【試験2カ月前】

教養択一:15点/40点

専門記述:0点/300点

 

▽2カ月の学習で暗記したテーマ【赤マーカーが予想的中テーマ】

 

▽暗記した60テーマ中の的中科目

都庁4/10

国税専門官1.5/5

 

▼専門記述試験の暗記テーマ決定編:まずはここから始めよう

▽【2か月で攻略】専門記述の覚え方【東京都I類B・国税専門官・裁判所・財務専門官に対応】

【2か月で攻略】専門記述の覚え方【東京都I類B・国税専門官・裁判所・財務専門官に対応】

続きを見る

 

▽【東京都庁】専門記述の30年分の過去問【お気に入り追加推奨】

【東京都庁】専門記述の30年分の過去問【お気に入り追加推奨】

続きを見る

 

▽【国家専門職】専門記述の30年分の過去問【お気に入り追加推奨】

【国税・財務】国家専門職の専門記述の30年分の過去問【お気に入り追加推奨】

続きを見る

 

 

▼専門記述試験のテーマ暗記編:専門記述は暗記科目です

▽【専門記述の学習に最適】7回読み勉強法【暗記法】

 

▽【令和3年度】専門記述試験予想論点【憲法12論点】


 

-始め方

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5