雑記

【公務員試験】受験生に読んでほしい3冊の本【3カ月で100冊読んだ私のおすすめ】

「受験勉強をしているけど、いまいちモチベーションが上がらないし、受験に関する本はないかな?」「なかなか勉強のやる気が続かないので、やる気を出すきっかけになるような本を知りたい」

このような疑問に答えます。

 

▼読者へのメッセージ

公務員試験勉強は長期間長時間の勉強が必要になるため、モチベーションややる気をいかに継続するかが大事なポイントでもあります。

ただし、受験は多くの方が経験しているものですが、受験の経験談やノウハウなどの情報は少なく、予備校などで教えて貰えないのが現実です。

私は公務員試験勉強と並行して、モチベーションを上げることを目標にして本を読んでいました。その中で、受験勉強に役に立つ本を3冊紹介します。

何故受験に関する本を読むべきななのかを、おすすめの本3冊とともに紹介します。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

▼試験勉強におすすめな本を3冊紹介

さっそく、私が公務員試験勉強におすすめ本を3冊紹介します。

サクッとそれぞれのおすすめできるポイントを紹介すると・・・

 

 

▽受験脳の作り方

→基本は受験生が効率的に勉強する方法に関するものを紹介しています。しかし、生涯にわたって勉強を続けることが誰にとっても重要だと説明している点がおすすめのポイントです。受験だけでなく、今後の人生において、受験勉強が活きること説得力を持って知ることができる内容です。

▽ビリギャル

→言わずもがな、学校で成績が”ビリ”だった”ギャル”が慶應大学に合格する話です。この本の最も良い点は「自分でもできるかも」という「根拠のない自信」を感じさせてくれる点です。

▽京大芸人

→”ロザン”自伝的な内容で単純に内容が面白いです。勉強の休憩に呼んでも楽しめますが、京大に合格するための勉強法なども載っているため、参考になる面もあります。

 

▼受験勉強は根拠のない自信を持つことが重要

勉強も始めのうちは、自分は合格できるのかわからない状態で勉強をしていきます。その際に重要なのが,「自分はやればできる」という意識です。

自分ができなかったのは、「本気を出していなかったから」「環境が整っていないから」「タイミングがなかった」このような理由で良いので、やればできると考えてみましょう。実際に公務員試験に合格するための勉強は「誰でもやればできる」ものです。

根拠のない自信を持つために、ビリギャルなどの「落ちこぼれが難関大学に合格するサクセスストーリー」は効果的です。他には「ドラゴン桜」などもありますね。

この作品を見て、だめだめな自分が成功を掴み取るイメージを想像してみましょう。自分でもやればできるかもしれない、頑張ろうという意識が勉強では重要です。

できなかった理由を考えるのは「言い訳」ですが、過去の自分に対する言い訳はしても構いません。大切なのは、これからの自分に言い訳をしないことです。

公務員試験合格のために、勉強時間の確保や勉強法などを知ることを怠らないことです。〜だからできないのではありません。〜するためにどうするかです。

合格するためには”今”この瞬間から勉強しましょう

 

▼公務員試験の勉強が上手くできない理由

私はこれまで、頭がいい人は生まれつき良い過程で育ち、良い塾に入れてもらい、良い学校に入った人が得意になるものだと考えていました。

しかし、公務員試験受験を終えた今、勉強が上手くできない理由は以下の点だと考えています。

・自分が勉強ができない人間だと思っている

・勉強の量や質を上げる努力をしない

以下に詳細を示します。

 

▽自分が勉強ができない人間だと思っている

これまでの経験から、「自分は勉強ができない人間なんだ」「生まれつきに頭の良いひとには一生敵わない」と思っていては、上手く勉強はできません。

できると思っているものしか、人はできるようになりません。勉強も自分はできないと自分が決めつけているならば、そこから変えるべきです。

「公務員試験に合格して、これまでの自分を変えたい。」「私は勉強は得意ではないけど、やればできる子だ。絶対にやってやる!」このような強い意思が勉強につながります。

優秀な人ほど、「勉強は簡単。決まったものを覚えるだけ。」と言います。勉強はあくまでそのようなものなんです。

 

▽勉強の量や質を上げる努力をしない

勉強が得意な人は、どう勉強すれば良いのかを知っています。

勉強せずにテストが解ける人はいません。点数を取れるだけの勉強をして、暗記すべきものを覚えたひとが頭の良い人です。

どんなに頭の良いひとでも、スタートラインは同じなので、勉強法や勉強量にこだわることは重要です。

自分が勉強の時間を作れないのであれば、「どうモチベーションをあげるのか」「勉強時間を確保するのか」を本気で考えます。

自分の勉強法が効率的でないのであれば、頭の良い人がどんな勉強をしているのかを調べ、真似して、自分に適した勉強法を見つけます。

これらは努力すれば改善できますし、頭の良いひとは、自分に適した方法を知っています。

 

▼試験勉強における,根拠のない自信を持つこと

これまでの人生で、「自分は勉強ができない人間なんだ」と実感している人は、勉強が上手く行きません。

それについて改善するには、以下の点を意識しましょう。

・根拠のない自信を持つ

・勉強し,成長を実感する

以下に詳細を説明します。

 

▽根拠のない自信を持つ

根拠のない自信を持つことは、絶対に必要です。

「この勉強をすれば、この参考書を解けば、1日10時間勉強すれば、試験でできるようになる」

このようなものは、根拠のない自信です。実際に勉強してみないことには、問題が解けるようになるかどうかはわかりません。

しかし、勉強するためには根拠のない自信がないと始まりません。

大事なのは、根拠のない自信を持って、とりあえず勉強を始めることです。

 

▽勉強し成長を実感する

勉強を始めると、この勉強方法で良いのかと不安に思います。その中で、勉強を継続するためには、以下の点を意識しましょう。

・第三者のお墨付きを貰う

・自分の勉強の中で、達成感を得る

 

これらについては、別の記事で解説しています。

【具体的方法】公務員試験を独学で合格するためのモチベーションの維持方法

 

最後に、改めておすすめの本を紹介します。

 

以上になります。

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-雑記

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5