社会人向け

【公務員試験】仕事が忙しくて勉強する余裕がない人の3つの選択肢【忙しい社会人向け】

働きながら公務員試験勉強をするのは、皆さんの想像以上に時間と体力が必要です。

出来れば19時上がり+完全週給2日がベストです。全時点でその前提以上を超えているようであれば、多少のリスクを背負ってでもホワイトな会社に転職してから公務員を考えた方が良いかもしれません。

 

▼本記事のテーマ

仕事が忙しい人の3つの選択肢

 

▼目次

1.公務員試験に必要な勉強時間、勉強期間に関して【あなたはその勉強時間を確保できますか?】

2.仕事が忙しくて勉強できない人の3つの選択肢【辞めるか転職するか改善するか】

 

▼読者へメッセージ

この記事では社会人で公務員試験に合格することはむずかしいという前提のもと、社会人が公務員試験に合格するためにはどのような働き方をしていくかを考えたものです。

私も働きながら公務員試験をして難しさを痛感しており、直前で仕事をやめています。実体験から、公務員試験受験生の働き方に関して解説しました。

今の職場で働くことが正解かどうかを決めるための選択肢を3つ示しているので、自分にはどの方向性が良いのかを考えて、すぐに実践しましょう。

それでは早速見ていきましょう。

 

1.公務員試験に必要な勉強時間、勉強期間に関して【あなたはその勉強時間を確保できますか?】

公務員を目指したいと考えた社会人はまず、現職を続けながら勉強をするか、仕事をやめて勉強に専念するかを悩むと思います。

仕事の内容や拘束時間、貯金や実家に戻れるかなどの環境の違いによって、異なるとは思いますが、仕事を辞めるかやめないかの判断基準の1つとして「勉強時間を確保できる環境にあるかどうか」が大事です。

 

▼公務員試験合格者の平均勉強時間は1000~1500時間

公務員試験の合格者へのインタビューによると平均の勉強時間は1000時間から1500時間と言われています。

数字が大きくてあまり実感できないので、現時点から勉強を始めた場合の1日の勉強時間としては

半年間で1500時間

1月で250時間

1日平均5時間

概算ですが、これから毎日勉強したとして1日5時間勉強できるひとが合格者としては多いということがわかります。

もちろん、直前期にはもっと勉強すると言った意見や、合格者は勉強時間を盛りガチといった場合もあるかとは思いますが、ひとつの参考にはなるかなと思います。

現在働いているひとは朝5時に起きて、仕事の支度や朝ごはんを時まで、そこから出社までに2時間勉強。その後、会社で18時まで働き、残業を2時間ほどやる。帰宅や夕食を21時までに済まして、家で3時間勉強すると12時です。お風呂に入って寝るのが25時。そして4時間睡眠をしてまた5時おき。

このくらいの生活を続けられますか?私はかなり厳しいと思います。

私は働きながら少し勉強した期間がありましたが、8時出社で大体21時退勤のような会社に勤めていたので、それ以外の時間で勉強するのかかなり難しかったです。

 

公務員試験の勉強時間や期間に関しては別の記事で詳しく解説をしています。

【学習期間】公務員試験合格に必要な勉強時間について【勉強時間】

 

あくまで平均時間が1000時間から1500時間だというだけで、あなたにもかならず当てはまるわけでもありません。

私はもう少し短時間で合格しています。

私の勉強時間などは以下の記事で紹介しています。

【合格者の勉強計画】公務員試験の学習計画【具体的なスケジュールの立て方も解説】

【公務員試験】1日の勉強時間【スケジュール】【計画の立て方も解説】

 

 

▼公務員試験の難易度に関して

公務員試験は一般的に難関と言われている試験ですが、職種や採用の幅が広いため、全ての受験先がめちゃくちゃ難しいというものでもありません。

しかし、多くの受験生が目指す国会総合職、国会一般職、地方上級職、警察、消防などは採用まで何度も試験を受け、たくさんの勉強時間を要します。

 

また、市役所などは簡単なイメージを持たれているひとも多いのですが、採用人数が少ないために倍率が以上に高い自治体もあります。(私は地方上級試験を合格していますが、市役所に一次試験落ちしています)

【雑記】地方上級試験に受かって市役所に一次落ち【落ちた】

 

公務員試験の難しさの1つとしては「科目の大さ、範囲の広さ」が挙げられます。なので、決められた範囲を確実に得点できるようにするような勉強よりも、目標点数をどう取るかを考え、そのために必要な勉強をこなすことが重要です。

 

難易度に関しては職種別に詳しく別の記事で解説しています。

大学や他の資格試験などと比較しているので、ある程度参考になると思います。

【難易度】公務員になるのは難しいのか【学生・社会人別】

 

 

2.仕事が忙しくて勉強できない人の3つの選択肢【辞めるか転職するか改善するか】

「公務員試験勉強を始めたが、仕事が忙しくて勉強時間が確保できない」

「貯金はほとんどないけど、仕事しながらは勉強がむずかしい。公務員は諦めるしかないのかな」

「現役以外の人がどうやって公務員試験に合格しているのか知りたい」

このような方に向けて、3つの選択肢を説明します。

 

私は社会人で公務員試験勉強をする場合、以下ように働き方を考えるべきだと思います。

・現職のまま拘束時間を減らすように働き方を変える

・会社を辞めて、公務員試験勉強に専念する

・勉強時間が確保できる会社に転職する

これらに関して詳しく解説します。

 

▼現職のまま拘束時間を減らすように働き方を変える

今の会社で勉強をできるような余裕がある、自分の希望が叶う会社なのであれば、公務員試験勉強の時間を確保できるような働き方に変えましょう

公務員試験勉強を始める旨を上司に伝えても良いですし、隠して相談しても良いと思います。

辞める前提で働くのが気が引ける人もいるとは思いますが、会社はその人にとって適した働き方があると思います。辞める人間に冷たくなるような人や会社であれば、すぐに辞めた方が良いです。

また、辞めることが決まると気持ちに余裕ができます。

なんか言われても、どうせ辞めるし」というなぞのメンタル状態になるので、実際は相談する前に気にするだけ損だと思います。辞めてしまえば今後付き合わない人がほとんどですしね。

 

▼会社を辞めて、公務員試験勉強に専念する

今の会社では自分の希望が叶わないのであれば、会社を辞めて勉強に専念するのもオーケーです。

貯金がなかったり、実家がもうなくなっている人は難しい点もあるかもしれませんが、お金の問題は数ヶ月我慢すれば解決できます。

合格できなかったら・・・お金がなくなったら・・・などの今後の悩みでいつまでも行動しなかったら、合格できません。悩まず行動して、落ちたらそのとき考えればオーケーです。

実際には職種を選ばなければどこかしらには採用できるのが公務員試験です。どうしても合格しなければならない人は、たくさん受験すれば心配する必要はありません。

 

▼勉強時間が確保できる会社に転職する

公務員試験を目指さしたいけど、今の会社では時間的に難しい。しかし、働かないと生活できない。このような人は「転職」という選択肢もありです。

公務員を目指すのに、一旦他の会社に務めるのはおかしいと考えるひともいるかもしれませんが、公務員の仕事に関連するものであったり、自分が経験しておきたいことをやりながら、目標である公務員試験の勉強をするための転職は決して悪いことではありません。

面接でなぜ転職したかと聞かれても、このような目的があって、現状では勉強が難しかったので転職しましたとしっかりと説明できればむしろ高評価だと思います。

「1つの会社に3年は勤めよ」なんて考えは基本的に何の根拠もないので気にしなくてオーケーです。

この道は違うと感じたタイミングで行動しましょう。

 

転職に関しては、転職エージェントを利用することをお勧めします。時間がない中で、希望の仕事を探すのは難しいので、プロに相談するのが一番楽だと思います。

現在私の友人でも転職者が多いのですが、大多数は転職エージェントに登録してから転職しています

【転職】公務員試験落ちた後の再就職活動【転職エージェントおすすめ大手5社】

 

もしも、会社から引き止められたり、辞めさせてもらえない場合、そこで時間を使うのはもったいないと思います。辞めることは労働者の権利なので、苦労するようでしたら「退職代行」がおすすめです。詳細は別の記事で解説しています。

【公務員転職】公務員に転職を検討するなら退職代行がおすすめ【有名3社紹介】

 

 

以上になります。

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-社会人向け

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5