雑記

【公務員試験】『不正解ではなく未正解』だという意識【問題を解く時に考えること】

「問題集を解いているけれど全く成長している気がしない」「合格するひとは問題を解いていく上でどんなことを考えているのか知りたい」「問題が全く解けないし、毎回解答を見てしまう。こんな勉強法で良いのだろうか・・・」

 

このような疑問に答えます。

 

▼読者へのメッセージ

公務員試験は長期間の勉強が必要な試験であり、勉強の習慣化や継続することこそが重要な要素です。勉強はアウトプット中心で「問題を解く」ことが大事なのですが、解けない問題ばかりだったり、いくら勉強しても問題を解ける感覚が身につかないのは苦しいモノです。

公務員試験勉強では問題を解いて不正解だった時、「正解することができなかった」よりも「まだ正解を導き出す方法を知らないだけ」「まだ問題に触れる回数が少なく覚えていないだけ」といった「未正解」という意識をすることをおすすめします。

問題は繰り返すことで身につくモノなので、一回解いただけで一喜一憂するのは時間の無駄です。不正解でも「まだできないだけ」という意識を持つことで、モチベを下げずに勉強することができます。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

▼公務員試験勉強を継続し、習慣化する重要性

公務員試験は1年や半年間勉強する受験生が多い試験です。しかし、試験終了前に勉強を諦めてしまう受験生が多くいます。最後まで勉強を継続すること自体が難しく、公務員試験は難しいという認識が出来上がります。

しかし、逆に考えると公務員試験は最後まで勉強することさえできれば、合格できる可能性が非常に高い試験とも考えることができます。

 

公務員試験勉強を継続することに関しては別の記事で解説をしています。

【本物の続ける力】公務員試験勉強を継続するための強力な方法【本気でやりたいことを見つける】

 

公務員試験に限らず、継続するだけで上位数%に入ることが可能です。人は継続するのが苦手で、続けるだけですごい結果を出すことができます。継続するためには勉強を習慣化するのがおすすめです。

公務員試験勉強を習慣化する方法に関しては別の記事で解説をしています。

【簡単すぎる】勉強を習慣化する方法【驚くほど効果的】

 

 

▼問題を解く上で意識を変えるだけでモチベを維持することができます。【不正解ではなく未正解】

公務員試験勉強をしている中で、「問題集を解いているけれど全く成長している気がしない」「合格するひとは問題を解いていく上でどんなことを考えているのか知りたい」「問題が全く解けないし、毎回解答を見てしまう。こんな勉強法で良いのだろうか・・・」なんて思ったことはありますか?

私は公務員試験勉強を始めて、ずっと今の勉強を続けていて合格できるのかが不安でしたし、解く問題全てが不正解で解説を読んでもわからない問題も多くありました。

その時に私は1冊の本の中に書いてあった「不正解でなく未正解」という言葉を聞いてから、勉強に対する姿勢が変わっていきました。

現在している勉強は合格までの途中であり、”まだ”正解していないだけ。この言葉によって、「これから繰り返していくことで正解できるようになること」を信じることができました。

言葉自体は非常にシンプルですが、このような言葉との出会いが、意識を変えるきっかけになることがあります。

公務員試験に全く関係ない本ですが、試験勉強の役に立つような内容も沢山ありましたし、読みやすい構成なので9件時間に読むのもよいと思いました。

自分の意識を少し変えるきっかけになるかもしれないので、気になる方は見てみてください!

 

モチベーションに関することは様々なテクニックとして別の記事でまとめています。

365日毎日勉強するためのモチベ維持テクニック

 

 

以上になります。

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-雑記

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5