面接

【令和3年度】東京都新方式のプレゼンに失敗しないための対策方法【試験概要】

こんにちは、シモンです。このnoteを見ていただいて有難うございます。

このnoteは東京都特別区および東京都行政新方式を受験する方向けです。

「プレゼンテーションで失敗しないために対策をしたい」、

「プレゼン試験の概要や当日の流れが知りたい」、

「プレゼンで他の受験生と大きく差をつけたい」、

「プレゼンの原稿作成や練習方法を知りたい」

という方に向けて、

令和2年度受験生の私が、

合格するために対策した全ての対策をまとめました!

間違いなく、私のノウハウを詰め込んだプレゼンテーション試験対策の集大成になります。

 

▼プレゼンテーション試験とは

東京都1類B行政新方式の

プレゼンテーション試験とは

2次試験で実施している試験になります。

 

▽東京都1類B行政新方式の試験方法

1次試験・・・教養試験及びプレゼンテーションシート作成試験

2次試験・・・口述試験(プレゼンテーション及び人物についての個人面談)

3次試験・・・口述試験(グループワーク及び人物についての個人面談)

新方式の倍率は

年度毎の変動が激しいのですが、

新方式設置初年度の

平成25年は17.5倍、

続く平成26年は18倍、

平成27年は11倍

と高倍率となっていますが、

ここ数年では6~8倍程度で安定しており、

そこまで水物試験であるとも言えない状況です。

 

令和2年は

オリンピックパラリンピックイヤーの影響から、

採用人数の大幅減少が話題となりましたが、

新型コロナウイルスの影響で

採用人数も例年と同程度に戻りました。

 

人数の絞り方としては

採用人数に対して1次試験で約3倍、2次試験で約2倍、3次試験で

採用人数程度に絞るようなイメージです。

 

2次試験ではプレゼンテーションを行ったのちに、

面接に移行するため、

プレゼンが失敗した時点で自信も無くしてしまいますし、

面接官の目も厳しくなってしまいます。

 

逆に1次試験のプレゼンテーションシートをもとに、

プレゼンテーションは徹底的に準備することができます。

プレゼンテーションを成功させることができれば、

面接においても良い印象を与えることができます。

 

▽令和2年度、令和元年の状況

 

 

▼東京都のプレゼン試験に失敗しないために

ネットなどを探しても、

プレゼンテーション対策の情報は

非常に少ないです。

 

東京都1類B行政新方式の

プレゼンテーションシート作成試験とは

1次試験で実施している試験になります。

 

特別区や東京都新方式以外に

試験を実施している自治体自体が少ないため、

当日の流れだったり、試験の形式、評価点などの

情報があやふなため、

不安に思う受験生は多いです。

 

プレゼンテーションは

面接の前に決められた時間で行うため、

面接にも大きく影響がある試験です。

 

ただ、プレゼンテーションを

そもそもやったことがない人も多いと思いますし、

コミュニケーション力に不安を感じている人は、

どんな対策をしたら良いのかわからないと思います。

 

私は既卒で社会人経験がありますが、

職場でのプレゼンテーションの経験はありません。

しかし、ゼロの状態から合格のためのプレゼン対策を行った結果、

プレゼン後に「説得力」や「話の構成」などの面で高い評価を頂きました。

 

公務員試験では珍しい、

特別区・東京都の

プレゼンテーション試験における、

「合格するプレゼンテーション対策の方法」に関して

解説をしたnoteを作成しました。

 

東京都において

プレゼンテーション試験の対策をせずに

本番を迎えてしまうと・・・

 

「面接前の重要な第一印象を決める5分で最悪な印象をつけてしまう」

「自由に話せるプレゼンテーションの時間なのに、納得できない話をしてイライラさせてしまう」

「自分のアピールができずに、プレゼンの中身の説明だけで面接が終了する」

なんてことになりかねません。

 

noteでは

社会人レベルの

プレゼンテーションができるようになるための、

試験概要・プレゼンスキル・具体的な

練習方法について解説しています。

 

気になる方はコチラから。

 

質問がありましたら、ご気軽にどうぞ。

-面接

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5