雑記

【スケジュール】公務員試験合格者が実践する勉強の順番について【科目の優先順位】

公務員試験を受験することを決めたけれど、科目が多すぎて何から勉強したら良いのかわからない。

なるべく効率よく勉強したいから、勉強する順番のおすすめを知りたい。

そんな方に向けて、直近の公務員試験に合格した、私が思う勉強すべき科目の順番について解説しました。

 

▼本記事のテーマ

公務員試験合格者が実践する勉強の順番について

 

▼目次

1.科目の順番を決める上での軸【何を基準に科目を選ぶか】

2.公務員試験のスケジュールは一本道ではなく、複数の道を同時に進む意識

3.公務員試験の具体的な勉強の順番【法律系・経済系・政治系・教養系ごとに解説】

4.結局いつから勉強すべきなのか【今です】

 

▼記事の信憑生

私は民間企業を3年間勤めたのちに退職し,約2ヶ月間の勉強によって筆記試験を突破しました.

▽ 模試成績【試験2ヶ月前】です

教養択一:15点/40点

専門記述:0点/300点

 

▽ 模試成績【試験1ヶ月半前】です

教養択一:17点/40点

専門択一:11点/40点

 

それでは早速見ていきましょう.

 

1.科目の順番を決める上での軸【何を基準に科目を選ぶか】

公務員試験の勉強をする上での科目選びにおいては、以下の軸で選ぶべきです。

・出題数・範囲の広さ

・難易度・得意不得意

詳細を以下で説明します。

 

▼出題数・範囲の広さ

公務員試験の各科目は試験ごとに出題数や範囲の広さが違います。

点数がたくさん取れる勉強を頑張り、出題が少ない科目はある程度で済ますのは当然のことです。

 

▼難易度・得意不得意

難易度や得意不得意に関しては個人差の部分が大きいです。

大学の専攻などで、得意な科目だったり、文系なので理系科目を避けるような選択はするべきです。

しかし、なにも知識がなくても、解けるようになりやすい科目もあるので、その辺りは実際に勉強してみて、判断した方が良いと思います。

 

科目別の難易度については、捨て科目の記事にて解説をしています。

【捨て科目】【専門試験】勉強の減らし方~専門科目編~

 

勉強する順番においては、最終的に目標とする点数を取ることのできるだけの、勉強をする必要があります。

その過程は、なんでも良いです。

大事なのは、あなたにとっての最適解です。

 

2.公務員試験のスケジュールは一本道ではなく、複数の道を同時に進む意識

公務員試験の勉強の大前提として、「一本道ではなく、複数の道を同時に進む意識」を持ちましょう。

 

▼試験勉強の一本道化

試験勉強を一本道化するとは、予備校の授業のように、憲法は頭からお尻まで1ヶ月でやる。のようなものです。

このような勉強は、繰り返しを前提にしていないことから、以下のような特徴があります。

・一回で完璧にしないといけないという意識から、時間がかかる

・一周するのに時間がかかる割に、一度で記憶できるものは少ない

・一通り勉強しても、他の教科を勉強すると、前の勉強は忘れる

このような勉強になってしまします。

 

対して、公務員試験においては、「複数の道を同時に進む」意識が重要だと考えます。

 

▼複数の道を同時に進む

複数の道を同時に進むとは、複数の科目を同時進行で勉強していくことです。

具体的には、法律系科目・経済系科目・政治系科目・教養科目を同時並行にこなしていくべきだと考えています。

理由としては

・それぞれの科目に繋がりがあるため、続けて勉強することで効率的に勉強ができる。

・それぞれに重要度が高い科目、低い科目があり、バランスの良い勉強の配分になる。

・一周では理解できない前提で勉強することで、短期間で繰り返さないといけない勉強をせざるを得ない

このようなものが考えられます。

 

結果的に記憶に定着しやすい、短期間復習の勉強をするようになります。

 

3.公務員試験の具体的な勉強の順番【法律系・経済系・政治系・教養系ごとに解説】

 

基本的には5本の柱から、勉強すべきです。5本の柱については、別の記事で解説をしています。

【重要科目】筆記試験の5本の柱について

 

▼具体的な勉強の順番について

▽法律系科目

法律系科目は「憲法→民法→行政法→他」の順で勉強しましょう。

理由としては、憲法は合格者の誰もが得意科目にしている科目です。はじめからとっつきやすい科目でもありますし、民法や行政学にも関連する内容を含みます。憲法が出題されない公務員試験はほとんどないので、試験種が定まっていない段階でも、勉強して損はないという面でも初めに勉強するべきかもしれません。

 

▽経済系科目

法律系科目は「ミクロ→マクロ→財政学→他」の順で勉強しましょう。

ミクロで経済学的な考え方の基礎を学ぶ。対してマクロは、国など大きな視野で経済を分析するしますが、その際に個人や企業など個々の経済主体のミクロ的な理論を知っている事が前提となります。基本的にはミクロから勉強しない理由はないと思います。

財政学に関しては、ミクロマクロをやっていると、かなりテーマが被っているので、最後に勉強しましょう。

 

▽政治系科目

法律系科目は「政治学→行政学・経営学→社会学・国際関係→他」の順で勉強しましょう。

政治学は政治系科目で最優先にすべきです。 最も多くの試験で出題され、教養の社会科学や時事の深い理解に繋がります。

他の科目は、内容の関連性から、経営学や国際関係を先に勉強すべきだと考えます。

 

▽教養科目

教養試験は、文章理解と資料解釈は毎日勉強するべきだと考えます。その他の数的処理、科学系科目、時事問題などは、同時並行は特に意識せずに、取り組みやすいものから勉強すれば良いと思います。

 

4.結局いつから勉強すべきなのか【今です】

すでに結論を言ってしまいましたが、いつから勉強すれば良いのでしょうか?

公務員試験勉強は一般的には1年から半年の勉強が必要だと言われていますが、私は約2か月で合格することができました。

つまり、あなたがこの記事を見ている時期が、試験まで2か月以上の期間があるのであれば、合格する可能性はあるということです。

 

私の具体的な勉強スケジュールに関しては別の記事で解説をしています。

【合格者の勉強計画】公務員試験の学習計画

 

以上になります.

ご質問等があればご気軽にどうぞ!

-雑記

© 2021 公務員コンパス Powered by AFFINGER5